小1で「脱毛症」森本稀哲がつらさを克服できた訳

元プロ野球選手が教える心と体を整える重要性

球界屈指のムードメーカーだった森本稀哲氏(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
北海道日本ハムファイターズ、横浜DeNAベイスターズ、埼玉西武ライオンズで活躍した元プロ野球選手の森本稀哲氏。球界屈指のムードメーカーとしても知られていますが、小学1年生のときに汎発性円形脱毛症を発症し、かつては人の視線を気にして、無意識にこそこそ行動していたといいます。そこからどうやって前向きになれたでしょうか。新著『メンタル体操 1日5分で心も体も強くなる「すごい運動」』を上梓した森本氏が心を鍛える方法を解説します。
前回:どんな絶望的状況でも「森本稀哲」が前を向ける訳

行動を意識的に変えれば心の状態も変えられる

日々、同じように練習を繰り返しているプロ野球選手でも、調子が悪くなることや、スランプが長引くことがあります。僕も突然ヒットが出なくなった経験が何度かありますが、皆さんはプロ野球選手がどうやって不調を脱すると思いますか?

僕の経験を明かすと、バッティング練習を重ねて不調を脱したのではありません。バッティングの不調はメンタルからきていて、技術的な部分で打てなくなるのではありませんでした。

余計なことを考えずに、「1日野球を楽しもう」と思ったときに不調を脱出することができたのです。周りにはどう思われてもいいから、「来たボールをただ打ち返そう」とバッターボックスに入るだけで、ポンポンとヒットが続きました。

心と体は連動しているので、メンタルが変われば姿勢や動きが変わり、行動も変わるのです。そして、姿勢や動き、行動を意識的に変えることで、心の状態も変えることができるのです。

僕は小学1年生のときに汎発性円形脱毛症を発症し、髪の毛、まつ毛、まゆ毛が抜け落ちてしまいました。いくつもの病院に行きましたが、いっこうによくなりません。

次ページ小学校では珍しいものを見るような目で見られた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT