どんな絶望的状況でも「森本稀哲」が前を向ける訳

元プロ野球選手が語る「全力疾走」の重要性

現役引退後も野球解説やタレント活動などで活躍する森本稀哲氏(写真:本人提供)
北海道日本ハムファイターズ、横浜DeNAベイスターズ、埼玉西武ライオンズで活躍した元プロ野球選手の森本稀哲氏は、球界屈指のムードメーカーとしても知られています。つねに前向きでいるために、何をしていたのか。『メンタル体操 1日5分で心も体も強くなる「すごい運動」』を上梓した森本氏が心を鍛える方法を解説します。

行動を変えることで心の状態を変えられる

心と体は連動していて、心が変われば、行動が変わります。逆に、行動を変えることによって、心の状態を変えることもできます。

バッターでいうと、インコースのボールでバットをグシャっと折られてピッチャーゴロになったときに、1塁まで走れる人と走れない人では大きな違いがあります。バットを折られてピッチャーゴロというのは、バッターにしてみれば屈辱的なことです。

結果を受け入れるほかないときに、チームのためにできることといえば、全力疾走して仲間を鼓舞することくらいです。相手にねじ伏せられたとしても、そこで走ることの貴重さがわかっている人は、走れると思います。

全力で走るという誰にでも共通してできることを当たり前のようにできると、周りの選手からも認められるし、自分のプレーにも隙が生まれにくくなります。全力で走るということは、それ自体がすごく前向きなことなのです。

一般の方は「全力疾走」ということばから、キツさをイメージするかもしれません。いつも全力疾走が求められるわけではなく、ときには立ち止まることも必要でしょう。ただ、人生のサイクルで前向きな気持ちが高まってきたとき、例えば仕事において全力疾走するというのは、いい結果につながると思います。

手を抜こうと思えば抜ける局面で、手を抜かないこと。それが人としての強さであり、大事なことと気づいたのは、日本ハムファイターズから横浜ベイスターズへ移籍し、何もかもがうまくいかなかったときです。

次ページ力を発揮できないときにできることは2つだけ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT