綾瀬はるかコロナ感染が猛批判招いた唯一の失敗

ただし批判のほとんどは臆測や思い込みに基づく

まだ30代と若い綾瀬はるかさんの病状悪化⇒入院に驚いた人も少なくないのではないでしょうか(  写真:Everett Collection/アフロ)

8月31日夜、女優の綾瀬はるかさんが新型コロナウイルスに感染し、入院中であることが報じられると、ネット上には次々に心配の声があがりました。

しかし、そのムードはすぐに一変。ニュースのコメント欄は、「芸能人ならすぐに入院できるんですね」「公平・不公平というものを考えさせられる」「上級国民だから」などの批判的なコメントで埋め尽くされ、それぞれ数百件の「そう思う」が押されていました。

その後も綾瀬さんを心配する声より、批判のほうが目立つ状況が続いていますが、引き合いに出されているのが、受け入れ先がなく入院できない人や、自宅療養中に亡くなった人に関するニュース。

綾瀬さんとそれらの人を比べて「命の選別がされている」と批判しているのですが、この見方は正しいのでしょうか。そして、なぜ人々はこれほど綾瀬さんをバッシングしたい心境になっているのでしょうか。

発表の遅れで最悪のタイミングに

綾瀬さんの所属事務所・ホリプロは、下記の「ご報告」を発表しました。

綾瀬はるかですが、20日夜、微熱があり抗原検査を行いましたが陰性でした。
翌日、念のため都内クリニックでPCR検査も受けましたが陰性。症状は治まっていましたが、その後発熱が続き抗原検査をしたところやはり陰性。
しかし26日、再診し抗原検査をしたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されました。
自宅療養をしていましたが、肺炎の症状が見られたため都内病院に入院。現在は回復に向かっております。
濃厚接触者に当たると思われる方々には個別にご連絡をしております。
ファンの皆様並びに関係各所にはご心配とご負担をおかけいたします。
今後とも医療機関・保健所の指示を仰ぎながら、回復に専念するとともに、私どもとしましては、より一層感染拡大防止に努めてまいります。

その他メディア報道では、綾瀬さんについて「ワクチンについては仕事の兼ね合いで未接種だが、9月に1回目を予定していた」などと報じられています。

時系列で書かれた文章は、他の芸能人より詳細にわたり、一見何の問題もないように見えますが、明らかなミスが表れていました。それは「陽性反応が確認された」という26日にすぐ発表しなかったこと。その段階であればまだ綾瀬さんは自宅療養中であり、批判の理由である“入院”という事実はなかったのです。

次ページコロナ感染は誰にでも起こりうること
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT