綾瀬はるかコロナ感染が猛批判招いた唯一の失敗 ただし批判のほとんどは臆測や思い込みに基づく

印刷
A
A

そもそも所属事務所が綾瀬さんの入院を発表したのは、人々が“入院”というフレーズに過剰反応する最悪のタイミングでした。これまで感染を発表した大半の芸能人は、「PCR検査を行った経緯(発熱、テレビ出演の際、濃厚接触者だから)」「陽性が確認された日付」「保健所・医療機関の指示に基づいて治療していくこと」の3点をつづっています。

綾瀬さんもすぐに発表していればその3点だけでOKでした。その後、入院したとしても、仕事の事情さえなければわざわざ発表する必要性はなく、現在のようなバッシングは避けられたのではないでしょうか。たとえば、何らかの不祥事ならすべてを正直に明かすことが危機管理の鉄則ですが、コロナ感染は誰にでも起こりうることであり、もちろん悪いことではありません。

もし週刊誌などに「実は入院していた」などと報じられたとしても、ただ明かしていなかっただけで「隠蔽」というイメージは持たれないでしょう。何より、人々が“入院”というフレーズに過剰反応している最悪のタイミングを避けられたことは間違いないのです。

コロナに感染した芸能人のコメントで「現在は自宅療養中」という記述がない人は、入院している可能性もありえるでしょう。もしそうだとしても決して嘘をついているわけではなく、必要最低限の発表をしているだけに過ぎないのです。

批判の前提は臆測と思い込み

では「芸能人がコロナ感染で入院した」ことに対するバッシングはどう見ればいいのでしょうか。

まず前提として忘れてはいけないのは、「批判のほとんどが憶測や思い込みに基づいている」こと。「綾瀬さんが芸能人だから入院できた」も、「一般人は入院できない人ばかり」も、信ぴょう性に欠けるところがあります。たとえば、これを書いている私の周囲だけでも「すぐに入院できた」という一般人の事例を4人も聞いていますし、同じことが日本全国にありえるでしょう。

次ページずるいことをしたわけでも罪を犯したわけでもない
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT