小1で「脱毛症」森本稀哲がつらさを克服できた訳

元プロ野球選手が教える心と体を整える重要性

体を「開く」意識も大切です。

病気のときや体調が悪いとき、人は自然と背中が丸まります。メンタルが下がっているときも同様で、体は縮こまりがちです。ならば、肩甲骨の間をせばめて、体を開きましょう。気持ちが晴れ晴れします。

このことは、デスクに向かって仕事をしているときも、歩いているときも当てはまります。日ごろから正しい姿勢を心がけると、それだけで体にも心にもプラスの効果があるのです。

こうした体操は日課とすることで効果が高まります。空いている時間に、気軽にやればいいのですが、時間を決めるなら朝がおすすめです。1日のウォーミングアップとなり、パフォーマンスが上がります。1日のパフォーマンスが変われば1週間のパフォーマンスが上がり、1カ月、1年、一生と、パフォーマンスは向上するものだと、僕は考えます。

自分は朝が弱い性質だと思い込んでいた

僕は中学くらいから朝が弱く、プロ野球選手になってからも寝坊は続き、遅刻寸前で練習に駆けつけることもたびたびでした。自分は朝が弱い性質なのだと思い込んでいたのです。

『メンタル体操 1日5分で心も体も強くなる「すごい運動」』(KADOKAWA)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

意識を変えて、朝を大事にするようになったのは横浜ベイスターズ時代、1年目のオフでした。

野球選手でいられることに感謝して、朝、目覚めたときに“また野球か”ではなく、“きょうも野球ができる”と思えるようになったのです。朝を大事にするために、夜更かしはしないなど、寝る前の意識も変えました。

ベイスターズでの2年目からは、朝起きたら軽くストレッチをすませて、“今日は何をしようか”と頭のなかを整理しました。そうすると球場でのウォーミングアップの意識も変わってくるのです。

朝の過ごし方で1日の過ごし方が変わります。仕事で思うような成果を上げることができないとしたら、朝の過ごし方に解決策があるのかもしれません。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT