インドで動き出す「ガンジス川浄化大作戦」

最大の人災である水問題を解決できるか

また、貯水の不足に加え、インドには水危機に繋がる要因が複数あります。まず、インドは農業国であり、湛水灌漑の約70%が農業用水として消費されています。さらに、インドでは工業排水を管理する適切な施策がないために、その多くは川に廃棄されています。このためインドの14の主要河川とその流域は重度に汚染され、地下水も汚染されているのです。ガンジス河はヒンドゥー教徒にとっては宗教的にきわめて神聖な川ですが、インド全人口の約4割に水を供給するという重要な役割も担っています。しかし、ガンジスの水の80%は汚染されているのです。

モディがガンジス川流域から出馬したワケ

ナレンドラ・モディ首相は総選挙で、ガンジス川の流れるバラナシを選挙区に選びました。グジャラート州で州首相として成功を収めた彼なら、地元を選挙区とすれば難なく勝てるはずなのに、なぜバラナシに出馬したのか。インド人もびっくりしました。しかし、彼には長年温めてきた一大目標があったのです。ヒンドゥー教徒にとって最も聖なる川であるガンジスの浄化です。

モディ首相はガンジス川の浄化を公約し、ある演説では、インドをきれいにするミッションをバラナシから、つまりガンジス川の浄化から始めると述べました。河川の浄化政策はこれまでにも数多く実行されてきましたが、汚職や管理不足といった原因で思わしい成果を上げられていません。モディ新政権が7月上旬に発表した国家予算案では、ガンジスプロジェクトに203億7000万ルピーが割り当てられました。

ガンジス川の浄化以外にも、新政権は河川の連結を目玉政策として挙げています。河川の連結は、水の豊富な土地から水の欠乏している土地に供給する広域導水です。インドの全国河川連結プロジェクトが実現すれば、30の河川が連結され、3000の貯水施設、1万5000キロにおよぶ運河網、8700万エーカーの灌漑地ができ、3000の村と72の町に飲み水が行き渡ります。

モディ首相の水政策は海外企業の関心を集めています。水の技術と管理で世界のトップを走るイスラエルとデンマークは、この国家プロジェクトへの参画意欲を示しています。この分野では技術力を誇る日本企業にとっても、大きなビジネスチャンスとなるのではないでしょうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT