テレビのパラリンピックの扱い方が残念すぎる訳 「五輪よりひどい」手のひら返しに偽善の批判も

印刷
A
A
障害のある人を応援してきているあのテレビ局も消極的に見えます(写真:Noriko Hayashi/Bloomberg)

8月24日夜、新型コロナウイルスの感染拡大で開催が危ぶまれる中、東京パラリンピックが開幕しました。

子どもたちの学校連携観戦以外は無観客での開催となる中、NHKは過去最長となる500時間超の放送を予定し、民放各局も初めて一部の競技を生中継するなど、地元開催らしい試みが見られます。

民放各局の放送内容をよく見てみると……日本テレビが車いすバスケ中継、アーチェリーと車いすバスケのハイライト番組。テレビ朝日が水泳中継、車いすテニスのハイライト番組。TBSが車いすバスケの中継、車いすラグビーと陸上のハイライト番組。テレビ東京は卓球中継、水泳ハイライト。フジテレビが車いすバスケ中継、ブラインドサッカーハイライトの放送が予定されています。

各局1競技の中継が1つと、ハイライト番組が1~2つあるだけで、しかも土日の日中か深夜帯のみ。ゴールデン・プライム帯での放送はありません。オリンピックと比較する必然性こそないものの、22競技539種目が行われ、日本選手団は史上最多の254人が参加することを踏まえると、「あまりに少ない」と感じるのではないでしょうか。

これは「NHKがパラリンピックの独占放送権を持っている」という理由もありますが、それこそが「民放がお金をしっかり払って放送しようとしていない」ことの表れ。記念すべき地元開催であり、時差がないにもかかわらず、「視聴率が獲れない」「スポンサーの理解を得られない」という段階から抜け出せず、チャレンジできていないのでしょう。

情報番組は五輪以上の手のひら返し

しかし、その一方で民放各局の情報番組では、パラリンピック関連のニュースを連日放送。開会式が行われた24日午後までごくわずかしか扱わってこなかったにもかかわらず、翌25日は朝から夕方までトップ級のニュースとして開会式の様子を特集していました。これはパフォーマンスの主人公に抜擢された13歳の和合由依さんが、未経験であるにもかかわらず素晴らしい演技を見せたから。「この内容と評判なら番組のトップニュースにふさわしい」という判断でフィーチャーしたのでしょう。

また、翌26日にも、日本人メダル1号となった競泳・女子100メートル背泳ぎ(運動機能障害S2)の山田美幸選手に、「スッキリ」(日本テレビ系)が「パラ日本メダル1号は最年少の14歳」、「めざまし8」(フジテレビ系)が「最年少!パラ水泳で14歳『銀』」などと多くの情報番組がトップニュースとしてピックアップ。27日も「スッキリ」と「めざまし8」がトップニュースで「圧巻 ラスト大逆転!パラ水泳 鈴木選手 日本初金」などと報じました。

次ページ選手としてピックアップされるのはごく一部のみ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT