復興五輪なんて嘘「今も苦しむ被災者」悲痛な本音

五輪期間中に帰還困難区域で見た厳しい現実

福島第一原発の事故による帰還困難区域。看板には「高線量区間を含む」の文字も見える=2021年7月25日、福島県浪江町(筆者撮影)

賛否両論の渦巻く中、東京オリンピックが終わり、各国の選手団も帰途についた。しかし、この五輪が「復興五輪」を掲げていたことを知っている選手たちは、どれほどいただろうか。日本選手の活躍が続く中、多くの日本国民もそれを忘れていたかもしれない。それでも、忘れるわけにはいかない。大会期間中の盛夏、私は福島に向かった。

7月25日、私は柴田明範さん(55)と一緒に車で福島県浪江町に向かっていた。国道114号から津島地区の集落に入る道路は、「内閣府」と書かれた銀色のバリケードでさえぎられている。柴田さんの自宅はこの向こうにある。

警備員に許可証を見せ、ゲートを越えた途端、柴田さんの線量計からピーピーというアラーム音が出た。数値は0.7~0.8マイクロシーベルト/時。時間の経過とともに減ってきたとはいえ、まだ事故前の10~20倍もある。

東京電力福島第一原発の事故後、政府は除染を進め、少しずつ「避難指示」を解除してきた。しかし、原発から北西に延びる放射線量が高い地域、7市町村にわたって今も帰還困難区域がある。そのエリアの除染対象はわずか8%だ。そのほかは除染するのかどうかも決まっていない。柴田さんの自宅は、この見通しが立っていないエリアにある。

住宅や商店は荒廃、田畑は“森”になった

ゲートの向こうには、適切な言葉も見つからないほどの荒廃があった。草木で壁も見えなくなった住宅、軒先の赤いフードが垂れ下がって落ちた商店、窓ガラスがいくつも割れている店舗兼住居……。「ここは長男がよくパンを買った店です」。

坂道を上っていくと、両側には高さ5~6メートルの草木が生い茂っていた。「どう見ても森にしか見えないでしょう」。かつては田畑が広がっていたという。言われてみると、“森”の間にビニールハウスの骨組みが見える。放射線量は1.3マイクロまで上昇していた。やぶに囲まれた細い道に入る。柴田さんは農家の3代目。父母と妻、子供5人の計9人で暮らしていた。ここを切り開き、畑をつくったのは祖父母だ。

「ここは私道で、両側にはうちの畑が広がっていました。ブルーベリーや白や紫、ピンクのリンドウを育てて、いつか奥さんとブルーベリーの観光農園をやろうと思っていてね。山菜を採って、肉を買ってきて、育てた野菜と一緒にバーベキューをして……。連休やお盆には親戚も集まって20人ぐらいでわいわいやるのが恒例で。楽しかったですよ」

次ページ「イノシシだけは許せない」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT