結局のところ、「健康の最終結論」は3つしかない 「我慢せず美と健康を手に入れる」のは無間地獄

✎ 1〜 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 最新
拡大
縮小

私はこれまでずっと、何を目指し、何を恐れてきたのだろう。

ただ充実した人生を送りたいと願い、そのためにせっせとお金を稼ぎ、使ってきた。そうでなければ負けるんだと思ってきた。でもそれは本当に自分が望んだ人生だったんだろうか。

今つくづく思うのは、私がこだわってきた欲望は、案外とても狭いものだったんじゃないかということだ。ご馳走を食べることが幸せだと思っていたけれど、毎日の質素な食事の中にも幸せがある。タクシーで楽にどこまでも移動することがリッチだと思っていたけれど、歩いて行ける範囲の中に素晴らしいものをたくさん開拓することもリッチである。

世の中は「お金」を使わせるようにできている

そうなのだ。私はあまりにも「世の中」に振り回されすぎていた。誰が悪いわけじゃないけれど、世の中はお金を使えば幸せになれるという広告であふれすぎている。それは往々にして、ラクにイージーにわかりやすい快楽を感じられるものに偏っている。何しろそれが一番効率的に人の欲を刺激できるからだ。つまりはお金儲けの元になるからだ。

要するに、お金を使えば、体も頭も動かず、手っ取り早く欲が満たされますよと誘っているのだ。で、そういうもののほとんどは、残念ながら不健康なものに偏りがちなのである。

で、この世の中ってものは実によくできておりまして、そのような誘導に誘われるがままに行動し、結果不健康になったとしても、ちゃんと解決策が用意されているのだ。大丈夫、手っ取り早く、体も頭も動かさず、ラクに健康になれる方法がありますよと、これまた多くの広告が誘ってくる。

もちろん、このよくできたサイクルの中で一生を過ごすこともできる。思う存分ご馳走を食べ、多くのことは便利な機械に任せて、でもそれだと太ったり健康を害したりするので、スポーツクラブに通ったりパーソナルトレーナーをつけたりして運動に励み、サプリを飲みマッサージやエステに通う。

それはかつての私である。思えばかなりのお金を使い、そして決して健康になることはなく、ゆえにさらなるお金を投じることになった。精一杯頑張っているのに、私はどこにも到達できなかった。

そしてじわじわと体を痛めていた。日本経済にはかなり貢献したと思うけれど、どう考えてもあまりにも非効率である。ナゾである。個人的には、あの時に戻りたいとは決して思わない。

人生は広く、自由である。お金を経由しないと何もできないというのは、狭く、場合によっては危険な思い込みだとつくづく思う今日この頃である。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT