メダル噛み「お騒がせ市長」がなぜか当選続ける訳 トランプ前大統領も駆使した4つのテクニック

印刷
A
A

先日、出張で名古屋に行ったとき、知人が、彼のスピーチの口真似をしてくれたのですが、その内容を聞いて、「なるほど」と腑に落ちました。

彼が縦横無尽に駆使していたのが、アメリカのドナルド・トランプ前大統領をはじめ、いわゆるポピュリスト(大衆迎合主義者)の使う王道のコミュニケーション手法だったからです。

【1】徹底的な「オレたちのタカシ」戦略

その第1のテクニックが、徹底的な「オレたちのタカシ」戦略です。

彼の売り文句は「気さくな72歳」。名古屋の名門旭丘高校を卒業し、一橋大学へ進学、と学歴的にはエリートなわけですが、徹底的に「庶民」を気取ります

公用車は黒の軽自動車。選挙活動はわざわざ、ヘルメットを着け、選挙カーの後ろを自転車で回り、その自転車も「28年乗っとるやつですわ~。あそこの〇〇サイクルで買った」というビンテージの代物であることをアピールするのです。

「私みたいな零細企業の息子は~」などと言いながら、「どえりゃー」「また来てチョーよ」といったきつい名古屋弁をまくしたてます

「名古屋弁」は有権者と彼を強く結びつける「共通言語」。一部の人に嫌悪感を与えても、支持者に「彼はわれわれの仲間だ」という意識を覚えてもらえばそれでいいのです。

政治家に投票するのは「2つの理由」?

「俺は庶民の味方」「あなたたちのことを誰よりもわかっている」。そういったアピールは民主主義においては、支持を受けやすく、SNS時代の昨今は、そうした政治家の「親しみやすさ」がますます重要視されるようになってきています。

アメリカの大統領選では「どちらの候補者と一緒にビールが飲みたいか」がひとつの判断材料であり、ジョージ・ブッシュ元大統領は「有能さ」よりもそんな「人の良さ」が当選の理由になったと言われているほど。

では、市民はいったい、どういった理由で政治家を選ぶのでしょうか。人柄? 政策? 品位? 実はそんなものはほとんど重要ではないという研究があります。

政治心理学が専門の米エモリ―大学のドリュー・ウェステン教授いわく、有権者は、

①この候補者、政党は私と同じ価値観を共有しているのかどうか?
②私のような人を理解し、気にかけているのかどうか?

この2点だけで、候補者に投票するかどうかを判断しているのだそうです。つまり、自分と同じ考えで、自分のことを理解してくれているかどうか。これが投票の決め手というのです。

そういった意味で、「私はあなたと同じ出身で、同じ靴を履き、同じ洋服を着ている」と発信し続ける河村氏の戦略が、ある一定の支持を受けるのは当然ということになるでしょう。

次ページ「残り3つのテクニック」も徹底解剖
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT