「私には無理」という思い込みを破る3つの方法

ジョコビッチも学んだ脳トレーナーの深い教え

「自分には限界がある」「どうせできるわけがない」……あなたはネガティブな思い込みにとらわれていませんか? (写真:gladkov/PIXTA)
白熱した試合が続く東京オリンピック。不可能と思われた記録に挑戦するその姿は、見る者の感情を揺さぶる。彼らほどではなくても、自分の限界(リミット)を越え、何かを成し遂げたいと考えている人は多いだろう。そのための突破口はどこにあるのか。ノバク・ジョコビッチなど一流アスリートにも指導し、『LIMITLESS 超加速学習』(東洋経済新報社)の著者でもあるジム・クウィック氏の教えを、ココで紹介しよう。

能力を制限する「固定観念」を溶かせ

「自分には限界がある」「どうせできるわけがない」――あなたは、ネガティブな思い込みによって自分自身を呪縛してはいないだろうか。

『LIMITLESS 超加速学習――人生を変える「学び方」の授業』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

困難にぶつかったときに周囲の人にからかわれたり、レッテルを貼られたり、「そんなことはあなたには無理だ」などの否定的なメッセージを受け取り続けたりしていると、いつの間にかそれが固定観念となり、その人の心に棲みついてしまう。

それは誤った思い込みにすぎないものだ。しかし、自分の頭の中に閉じ込められてしまうと、難なくできるはずだったことも、能力を十分発揮しきれずに終わるという事態に陥ってしまう。

「なぜ自分はうまくいかないのか」という悩みや、「こんな状況は自分にふさわしくない」という現実逃避にさいなまれた経験のある人も少なくないだろう。そして、目標から遠ざかり、人生そのものに影響が及んでゆく。このようなやっかいな固定観念を、どう打ち破ればよいのか?

次ページ「脳の壊れた子」から「全米トップ脳コーチ」に
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT