バブルと『Hanako』と共働きカップル

職業と家事分担から"女性の自由"を見てみると?

その自由はサラリーマン彼氏の犠牲の上にあった

そんなHanakoカップルの描写だが、ここで目を引くのは、頻繁に描かれた、夕食の後片付けをするイチローさんの姿だ。ハナコさんが自由業ということもあるのだろう、料理もゴミ出しもハナコさんがしているし、現代的観点からはとても家事が平等に分担されているとはいえない。しかし、あるいは当時の会社員のモーレツぶりに配慮してのことだったのか、吉田のイチローさんへの視線は優しいのである。

80年代末から90年代初頭にかけてのHanako族の女性たちは、確かに自由を満喫しようとし、また実際したのだろう。だが、この描写からは、彼女たちはその自由が交際相手のサラリーマンの犠牲の上に成り立っていることを知っていたのではないか、と思わずにいられない。

そして同時に、その犠牲に基づく自由がいつまでも続くわけじゃないのを知っていたのではないか。ハナコさんが、結婚は「今さらしてもしなくても同じよ」と言うとき、それは事実婚なみの同棲が可能になった現実への賛歌であると共に、いずれ訪れる法律婚によってその自由が終わることへの暗示ではなかっただろうか。

最後に柴門の作品に戻ろう。実は、『あすなろ白書』以前に連載されていた『東京ラブストーリー』にも『Hanako』は登場している。ヒロインの赤名リカが病院で診察を待っている場面だ。このシーンにおけるリカは、付き合っている永尾完治に「つきあいきれないよ」とつぶやかれるほど自由奔放でありながら、以前の不倫相手の家族を思いやりもする女性として描かれている。

リカのような自由な女でさえも結婚という制度の前では自由でありえない。ここには、バブル期未婚女性の自由の短命が予言されていたのではないだろうか。今、ぼくにはそう思える。 

 

「週刊東洋経済」2014/7/26号:21世紀の資本論

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT