「竜とそばかすの姫」が"ネット第一世代"に響く訳

1967年生まれの細田守が描く今後の「ネット像」

自室の電話回線にモデムという機器をつなぎ、それとPCをまたつなぎ、ネットにつながった瞬間、モデムが「ガーーー! ピーーー!」という奇音を発し、PC画面の中で、Netscape(ブラウザの名前)の上で、画面がゆっくりゆっくりと現れるのを、じーっと待った経験のある世代。

「世界とつながった!」という、あのときの劇的な高揚感は生涯忘れられない。ビートルズに関する「ニュースグループ」で、慣れない英語を駆使してトリビアで交流したり、HTML言語を「手打ち」して、簡素なホームページを立ち上げて、見知らぬ読者から感想をいただいたり。それ以前に、ラジオ番組にメールでリクエストすることですら、ドキドキしたものだ。

そんなわれわれは、ネット社会が、ワクワクする高揚感を与えるものから、(主にSNSの爆発的普及によって)炎上や同調圧力、フェイクニュースの飛び交う窮屈なものに変容する過程も、つぶさに見てきた世代でもある。

しかし、それでも差し引きすれば、高揚感の記憶のほうが上回る。そして、ネット社会の未来についても、いずれは窮屈な部分が制御されて、リアルな自分らしさを拡張する方向に進展していくと、楽観的に信じているふしがあるのも、あの劇的な高揚感の残存効果だ。

ネット社会は今後どんな存在になるのか

「子どもたちには目の前の世界をちゃんと肯定的にとらえてほしい」「ずっとネットを肯定的に描いてきた世界で唯一の監督」という細田守の発言には、上で述べた私の感覚と通じる。少々恥ずかしいのを承知で白状すれば――60年代後半生まれの「ネット第一世代」は、ネットの可能性をまだまだ信じているのだ。

『竜とそばかすの姫』に話を戻せば、「ネットとリアルの対立と融合」というテーマは、このように今っぽく、かつ深いものである。そういう意味で『竜とそばかすの姫』は、「今見るべき映画」だとも思う。

もしかしたら私が、作品冒頭の<U>の映像に、一気に心奪われたのは、90年代後半の自室で、ゆっくり動くNetscapeを、ワクワクしながら見ていた記憶とシンクロしたからかもしれない。

ネット社会が、とりわけ子どもたちにとって、健全な高揚感を与えるものになれるかどうかについて、大人たちの責任はとても大きい。そのためには、まず私たち「ネット第一世代」が、クライマックスにおける主人公・すずのように行動するべきだと思う。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT