アフリカで大成功!先進国発「ユニコーン企業」

既得権益が少なく、最新テックが蛙飛びで浸透

バイクやドローンで血液を運ぶLifeBank(写真:AAIC)
リープフロッグ(蛙飛び)で飛躍するアフリカのファクトフルネスを解説した椿進氏の『超加速経済アフリカ』が、「中田敦彦のYouTube大学」でも紹介され、大きな反響を呼んでいる。今回は、教科書では学べない、テレビや新聞にも書かれていない、アフリカで最先端テック技術を駆使したサービスを展開しているアメリカやイギリスのユニコーン企業(時価総額10億ドル超のベンチャー企業)について、椿氏が解説する。

240万人が使う遠隔診断/AI診断サービス

固定電話を引かずに、いきなり携帯電話が広がったことなどは、「リープフロッグ(蛙飛び)イノベーション」と呼ばれたりしますが、それは通信の世界だけではありません。アフリカでは、金融、医療、物流など、あらゆる分野に広がっています。

『超加速経済アフリカ』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

アフリカには、レガシー(既存インフラ・既得権益者・岩盤規制)が少ないため、先進技術が、一足飛びに社会に広く浸透するのです。

そして近年、先進国のベンチャー界で起きている1つのモデルがあります。研究開発は先進国で行い、商用サービスを最初にアフリカで行うというモデルです。理由はシンプルで、レガシーが少なく先進のサービスがすぐに提供できるからです。

その1つに、イギリスのベンチャー「babylon/babel」がスタートした遠隔診断/AI診断サービスがあります。2019年末時点で、すでに累積で240万人が、このサービスを使っているといわれています。

babylon/babelが商用サービスを本格的にスタートさせたのは、ルワンダでした。ルワンダの保険省と組み、地域医療と連携して展開しています。

ご想像いただけると思いますが、ルワンダには病院が多くありません。人口の8割がいる農村部には大きな病院はほとんどありません。代わりにヘルスセンターと呼ばれている施設が全国に50カ所あります。このうち30数カ所を選び、そこの人をトレーニング。まずはモバイルのAI(現在は実証中)やコールセンターでの診断、次はナースによる診断、最後はドクターによる診断という遠隔診断の体制を作っています。

具合が悪くなった患者はまず、ケータイからAIのチャットボットで症状を入力していきます。そうすると、AIが症状を初期診断して返答します。

もし、これで解決できない場合は、ナースが出てきて対応します。それでも難しい場合は、最後にドクターが出てきて、遠隔で診断を行います。

費用は1回200ルワンダ・フラン。日本円で20円ほどです。モバイルマネーで支払うことができます。

2019年時点では、いきなりAIのチャットボットを使うことのハードルが高く、まずはアポを入れ、費用をモバイルマネーで支払って、そのあと5分以内にコールバックがあり、ナースなどによるコールセンターで対応していました。

一般薬であれば、コールセンターで対応ができます。医科向けの処方薬の場合は、ドクターが処方。処方箋は電子的に発行します。

次ページ血液を運ぶドローン
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT