「子を産む瞬間」女性の身体の中で起きていること

漫画「はたらく細胞LADY」第14話

(出所)『はたらく細胞LADY(3) (モーニング KC) 』(講談社)

白血球、赤血球、血小板、マクロファージ、記憶細胞、キラーT細胞、NK細胞、B細胞、マスト細胞――。人間の体内では、数十兆個もの細胞が絶えず働いている。

妊娠、出産のとき体内の細胞はどう動く?

赤血球は酸素を身体中に運び、免疫細胞たちは細菌やウイルスなどの身体を脅かす異常と戦い、その他の細胞も自分たちの働きを全うしている。完璧に有効な治療薬が見つかっていない中で、新型コロナウイルスに対抗しているのも、身体の中の免疫細胞だ。

『はたらく細胞LADY(3)』(モーニングKC、講談社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

この細胞たちをそれぞれ擬人化し、身体の不調や病気、生理現象など小さなことから大きなことまで起こるさまざまな騒動を描いた漫画『はたらく細胞』(著者:清水茜、講談社『月刊少年シリウス』で連載中)は、TVアニメ化もされ、国内だけでなく世界でも話題となっている。

そのスピンオフ版で、生理、PMS、冷え性、貧血、子宮頸がんなど、おとなの女性が直面する身体の問題に対して、身体の中の細胞の動きを描いた『はたらく細胞LADY』(講談社『月刊モーニング』で連載中、監修:清水茜)。妊娠から出産を細胞目線でひも解く単行本第3巻から第14話「祝福の産声」を抜粋してお届けします。

細胞たちは受精卵を「異物」として排除しようとするが、母子間免疫寛容によって免疫機能は制御されてしまう。妊娠の影響でホルモンバランスは乱れ、睡眠や食事にも大きな変化が。体内に混乱が広がり免疫力が低下する中、細胞たちはお嬢様を、胎児を、守り切れるのか。

この記事の漫画を読む(37ページ)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT