ワクチン個別接種「キャンセル多発」診療所の難題

大規模や職域の陰に隠れて見えてない混乱の実態

予約を取りつつも別の手段を試していち早くワクチン接種がかなった場合、当然ながらキャンセルが発生する。日本のあちこちで起きているであろう問題だ(写真Kiyoshi Ota/Bloomberg)

医療従事者への先行接種を皮切りに、国内でコロナワクチン接種が始まって4カ月半。医療機関や公民館、体育館での集団接種や、自衛隊による大規模接種なども始まり、ワクチンを打てる機会が大幅に増えた。

診療所の個別接種で生じた混乱

そんななか、個別接種を始めた診療所では予約とキャンセルの対応で、混乱も生じているところも出てきているようだ。

「昨日、電話してきた患者さんは、『先生のところでワクチンを打ちたかったけれど、近所のクリニックのほうが早い日程だったから、そっちにしました』と言って、当院の予約をキャンセルされましてね」

と言って戸惑いを見せるのは、わだ内科クリニック院長(東京都練馬区)で内科医の和田眞紀夫さんだ。同院では6月からコロナワクチンの個別接種を実施している。

「接種の選択肢が増えたことは、非常に喜ばしいことなのですが……」と話す。

和田さんの診療所のある練馬区では、5月22日から集団接種が、6月1日から個別接種が始まっている。国の方針通り、まずは75歳以上の高齢者に接種券(クーポン券)が配られ、続いて65歳~74歳、さらに基礎疾患がある人、60歳~64歳、区内の保育所の職員など……という順番で配布される。

75歳以上の高齢者の予約開始日は5月17日。これは集団接種でも、個別接種でも一緒だ。わだ内科クリニックでもこの日に予約を始めた。ちなみに東京都練馬区の個別接種は、電話か診療所の窓口に直接申し込むことになっている(集団接種は、インターネットか電話)。

「練馬区より先に個別接種の予約を始めた地域では、この個別接種の予約でかなりの混乱が起こっていました」

和田さんが隣の区にある知人の診療所に様子を聞いたところ、予約開始日には早朝の5時台から列ができはじめ、7時には80人を超える高齢者が予約のために並んだ。まさに屋外とはいえ過密状態だ。それと並行して30件を超える電話予約の対応に追われたという。

次ページ診療所の個別接種対応は2種類
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT