ワクチン個別接種「キャンセル多発」診療所の難題

大規模や職域の陰に隠れて見えてない混乱の実態

「これらはいずれも診療所へのお願いベースであり、根本的な廃棄回避策にはなっていません。医療機関間の連携にしても、廃棄回避の取り組みにしても、ワクチンの個別接種が決まった時点で考えなければならない問題だった。結局、行き当たりばったりのワクチン政策、現場に丸投げということです」

ワクチン廃棄量を減らす「リザーブワン」とは?

そんななか、和田医師が期待するのが、練馬区が独自に考案したワクチン廃棄量を減らす取り組み「リザーブワン」だ。

通常、ファイザー社製のワクチンは1バイアルから6人分を確保するが、実は若干の接種液が残っている。この残留分をデッドスペースのない特殊なシリンジを使うと、2バイアルで1人分を新たに確保できる。つまり、2バイアルで13人分接種できる仕組みだ。
通常は2シリンジ分で12人の予約を入れるが、リザーブワン方式を用いると13人までの予約が可能になる。1人キャンセルが出ても、もともと12人分用であるため、破棄にはあたらないというわけだ。

「涙ぐましい取り組みともいえますが、体調不良などでの急なキャンセルに対応できるので、個別接種を実践する側としてはありがたいです」

練馬区では、従来の集団接種や個別接種に加え、新たに石神井スポーツセンターなどに区が主催する大規模接種会場を設置する予定だ。1日最大で1000人の接種が可能で、モデルナ社製のCOVID-19ワクチンモデルナ筋注を使用するとのこと。報道によると、個別接種と合わせて区民の65%が10月中旬までに接種を終えられる見通しだ。

「職域接種も始まりましたから、ますます個別接種を希望する人は減ってくるかもしれませんね。ただ、集団接種は持病のない比較的若い人に向いている接種法で、基礎疾患などがある方は、やはり健康状態をよく知るかかりつけの医師に接種してもらったほうがよいと思います」

画像をクリックすると、長期戦の様相を呈してきたコロナ禍の今を追う記事一覧にジャンプします

集団接種や大規模接種の陰に隠れて、あまり見えていなかった個別接種の混乱。

練馬区には診療所が約300件あり、このうち160件を超える医療機関が個別接種を受け付けている。和田医師は「練馬区に限らず、どこの地域の診療所も抱えている問題はおそらく一緒ではないでしょうか。個別接種の重要性を鑑みて、“破棄はけしからん”といった状況は改善してほしい」と訴える。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT