イオニストの先生は、よしもと芸人だった!

詩吟に工作、芸人がカルチャー講座に登場

人気大物芸人が続々登場

よしもと幕張イオンモール劇場
画像を拡大
公演スケジュール

公演スケジュールを見ると、想像以上に豪華な面々に驚く。毎日、ライブがあるのだが、特に土日の夜は、ピースやチュートリアル、ハリセンボンなど、テレビに出ている人気大物芸人が登場する。「会いに行ける芸人」だ。

しかし、新宿の「ルミネtheよしもと」などと違って、幕張まで行かないと会えない。おのずと平日の観客は周辺地域の住民が中心になり、土日にそれまでイオンモールに行ったことがない、大物芸人のファンがやって来るだろう。

「イオンモール幕張新都心の来客数は、昨年末の開業から2014年7月末までで約2000万人。年間目標は3000万~3500万人」(尾上さん)。目標の早期達成を吉本興業が牽引するはずだ。

ピース
チュートリアル

 

地域の人が参加できるイベントを作りたい

さて、この取り組みは、吉本興業および芸人にとっては、どのような狙いがあるのか。吉本興業プロモーションチームリーダーの吉川徹さんは、こう話す。

「イオンモールという場を通して、地域の方々が集まるコミュニティができたらいいなと考えています。その第1弾として幕張に劇場を出させていただきました。これまでは、大阪や東京の劇場に人気芸人を集めて『見に来てください』というスタンスだったのですが、幕張をスタートに、もっと地域の方々が参加できるイベントを作っていきたいです」

吉本興業は創業100年を迎えた2012年に、今後の100年もこれまでと同じ活動をしていくのかと問い直した。大崎洋社長いわく、「芸人の本業は、もちろんマスメディアや劇場で笑わせて商売することだが、芸人の役割はそれだけじゃないだろう。人と人を結び付けるような仕事ができないか」。

それを社員も強く感じたのは、2011年に始めた「あなたの街に“住みます”プロジェクト」だった。全国47都道府県に芸人を1組ずつ住まわせたところ、地域のイベントなどの仕事が数多く入り、町を盛り上げる成功事例もたくさん出てきた。「そうした経験から、地域の人と一緒に盛り上げていく意義や大切さを学びました。今後は芸人を使って、そういう活動をもっとやっていかないといけないと思っています」(吉川さん)。

こうして吉本「100年の計」と、イオンモールの「コトを通したモノの提供」が重なった。

次ページ芸人の特技を生かしたカルチャースクール
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT