「1ミリも心が動かない」三流プレゼン、8大NG台詞 「スピーチ」「挨拶」も…その言葉「時間泥棒」です

印刷
A
A

ほかにも、日本の挨拶・スピーチあるあるといえば、「日本経済は~」という「時事解説」もつきものです。

聞き手にとっては、「いや、そんなの知っているし……」とか「興味ないし……」のどちらかがほとんどなのに、なぜか、それを入れないといけない、と考える人は多いようです。

これに限らず、日本の挨拶やスピーチには、「車内アナウンス」同様、定型句化して使われている言葉・慣用句が非常に多いわけです。

「それを言っておけば無難だろう」というリスク回避志向の表れかもしれませんが、そのおかげで「伝わらない、刺さらない」話が量産され、多くの人の貴重な時間が無駄になっています。

顔や個性を出しづらいメールや手紙などは、多少、かしこまった物言いになってしまうのは致し方ないとしても、お互いの顔を見ながら話をする場面では、事前に用意した原稿ではなく、「自分の言葉」で気持ちを伝え、相手との距離を縮めていきたいものです。

「話し方の常識とスキル」もアップデートしよう

話し言葉は徹底的に「会話調」のほうが響きやすいのですが、日本では話し方のノウハウが普及していないがために、スピーチなども「書き言葉調」「文語調」になりがちという側面があるかもしれません。

英語では、陳腐な言い古された言葉を「cliche(クリシェ)」と言いますが、「古びた言葉」や「その人の素の姿や個性の見えない話し方」ほど、興ざめなものはないわけです。

情報環境が激変する現代において、話し方も昭和のままでいいはずがありません。「話し方の常識とスキル」も抜本的にアップデートするべきときが来ているのではないでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT