最多は高1「学校での熱中症」はなぜ減らないのか

「部活動」が始まる中学生になると急に増える

なぜ、学校で熱中症になる児童生徒が後を絶たないのだろうか?(写真:Princess Anmitsu/PIXTA)
毎年、小中高校では5000件前後の熱中症が発生している。医療技術の進歩により、死亡にいたるケースは減っているが、熱中症の発症件数に大きな変化はない。なぜ、学校では熱中症になる児童生徒が後を絶たないのか?
長年、学校における事故を研究し、Webサイト「学校リスク研究所」を運営する名古屋大学の内田良准教授は、最大の要因は部活動にあると指摘する。

「熱さ指数」とは

本格的な熱中症シーズンを前にした今年5月、環境省と文部科学省は「学校における熱中症対策ガイドライン作成の手引き」を初めてまとめた。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

柱となっているのは客観的な指標による熱中症対策で、「熱さ指数(WBGT:Wet Bulb Globe Temperature)」と「熱中症警戒アラート」の活用を促す。

文科省はこの手引きを公表する2カ月前、各教育委員会に対して、熱さ指数を測定するWBGT計を最低限、保健室に備える備品として通知。今回の手引書によれば、熱さ指数31以上の場合、「運動は原則中止」となる。

熱さ指数33以上、「非常に危険な環境が予測される場合」に発表される熱中症警戒アラートは、昨年から主要都市で試験運用が始まり、今年4月から全国展開された。環境省と気象庁のWebサイトなどで情報を得られるほか、登録すればメール配信サービスも受けられる。

熱さ指数計(写真:米倉昭仁)
■中学校では小学校の3倍以上に

これまで国レベルではスポーツ庁などが教職員や児童生徒向けに運動中の熱中症対策の指針を示してきた。

今回の手引書は「環境省と文科省が学校に特化した指針をつくった、という点では大きな前進」と、内田准教授は評価する。

一方で「こういった指針は体育など、授業にしか適用されない」ことを危惧する。

「というのも、授業中はいまでもかなり徹底した安全管理がなされているんです。ところが、部活になったとたんに、試合に出ることや勝つことを優先して、安全管理が後回しになっている現実がある」

次ページ中学生になると熱中症が増える理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT