最多は高1「学校での熱中症」はなぜ減らないのか

「部活動」が始まる中学生になると急に増える

あるいは、WBGT計の値が高かったら校内放送で『休みなさい』とアナウンスする。でも、それは一時的で、結局はやる、とか。そんなふうに熱中症対策の指針をかいくぐって、部活動をやっているのが現状なんです」

その背景にあるのが夏に開催される大きな大会だ。

「大会に向けて、どうしても練習をしたい先生や生徒がいる。それがどんなに危険な行為であっても、『部活をやりたい』という気持ちが勝ってしまう」

その結果、毎年のように熱中症による死亡事故が起きる。

「自主的」で片づけられる無法地帯

そのたびに教育委員会は、「校長判断」を強調する。その声は逃げ口上にしか聞こえないと、内田准教授は言う。

「子どもたちの命に関わることを校長に任せます、というのは教育行政として非常に問題がある。安全な環境を整えずして、部活動をさせるというのは、学校教育として、あってはならないことだと思います」

授業については、国や自治体が子どもたちの命をあずかっているという本気度が感じられる。ところが、「部活動は自主的なものだから」と、それが一気にゆるくなっていく。

「いまの学校の部活の自主性って、ある意味、無法地帯の自主性なんですよ。部活であっても学校教育として責任を持つ、という方向に転換しなければいけない。学びの場として、きちんと制度設計をして、熱中症に対するリスク管理がされなければならない」

熱中症による死亡事故は高校が最も多い(グラフ:AERA dot.)

部活動での熱中症の問題が根深いのは、それが決して教育行政や学校だけの問題ではなく、保護者や世間の雰囲気と深く関わっているからだ。

「死亡事故が起きたら、『なぜ誰も危ないと言わなかったのか?』とか、そういうリスク管理に話が向かえばいいんですけれど、そうはならないんです。完全に蓋をされるか、美談に仕立てられて終わっていく。『これを乗り越えていこう』『誰々さんのために頑張ろう』とか。そして、似たような死亡事故が毎年繰り返されていく」

部活動の指導者と同じメンタリティーを保護者が共有していることも多いという。

次ページ部活のよさとリスクは別問題
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT