社長が「会社売却」を真剣に考える、よくある5理由 その「一世一代の決断」は「会社」を救えるか?

拡大
縮小
中小企業のオーナー社長が会社を売却する理由は大きく5つに大別され、そこにはさまざまな理由が存在している……(写真:Ushico/PIXTA)
元々は三菱商事で商社マンだった藤井一郎氏は、M&A業界に転身して約15年間、M&Aコンサルタントとして数多くの中堅・中小企業のM&A案件を担当し、譲渡価格で200億円超の案件も成約に導いてきた。現在は新進気鋭のM&A仲介会社インテグループの社長として、コンサルタントに対する助言および経営業務に専念している。
「中小企業M&Aの最新の動向を盛り込み、中小企業のM&Aに関わる方々にとって最も役立つ入門書をつくりたい」との思いから、「買い手」「売り手」「仲介会社」「ファンド」などさまざまな視点ですべて公開した『M&A仲介会社の社長が明かす中小企業M&Aの真実 決定版』を上梓した藤井氏が、「社長が会社売却を考える5つの理由」について解説する。

売却を検討する理由は「後継者不在」だけではない

現在、「後継者不在による事業承継」が中小企業の大きな課題となっており、経済産業省では、「黒字廃業」を防ぐために年間6万件の「第三者承継」を目指すとしています。

『M&A仲介会社の社長が明かす 中小企業M&Aの真実 決定版』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

しかし、中小企業のオーナー社長が「子どもや社員」に継がせるのではなく、第三者への承継を選ぶ理由は「後継者不在」だけではありません

中小企業のオーナー社長が会社を売却する理由は、大きく5つに大別されます。本記事では、5つの理由について解説していきます。

【売却理由①】「後継者不在」のため

1つめの売却理由は、一番大きな課題になっている「後継者不在」です。

社内に親族などの後継者がおらず、かといって会社を清算すると従業員や取引先に迷惑をかけるため、「譲渡によって事業承継をはかる」ケースです。

帝国データバンクの調査によると、国内企業の社長の平均年齢は約60歳で、そのうち3分の2の企業は後継者が決まっていないという状況が続いています。

病気や家族内の介護の問題がきっかけとなったり、また第2の人生、ハッピーリタイアを志向したりして、売却を決断するオーナー社長が増えています。

次ページ2つめの「売却理由」は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT