リクナビの退潮鮮明、「就活サイト」の人気が一変

マイナビ一強に、「ONE CAREER」の存在感増す

リクナビを推奨する大学が少なくなった原因は、2019年8月に問題化した「内定辞退率予測サービス」の一件にあるだろう。これはリクナビを運営するリクルートキャリアが、内定を辞退しそうな学生をAI予測するサービスを企業に提供していたもの。

2019年秋に複数の大学キャリアセンターを取材したが、リクルートに対する不快感を示す関係者がほとんどだった。

2019年11月に「いま就活生に人気の『就活情報サイト』はこれだ 『ONE CAREER』『就活会議』…新興勢力が台頭」という記事を書いている。

HR総研が「楽天みん就」と共同で2020年卒の就活生を対象に行った「就職活動動向調査」(2019年6月実施)をもとにしており、「内定辞退率予測サービス」が問題化する前の調査だ。この調査で「最も活用した就職サイト」の文系はマイナビ38%、リクナビ27%、理系はリクナビ38%、マイナビ29%だった。わずか2年前のことだが、現在のリクナビは文理ともに13%と大きく後退してしまった。

楽天みん就・OfferBoxの長所は?

4位の楽天みん就と5位のOfferBoxへのコメントも紹介しておこう。楽天みん就のコメントは楽しそうだ。「クチコミがいちばん多く学生からの意見が多い」、「同世代の声が聞けたり、ESが見られる」、「みんなの口コミなどが見られる」。学生らしいし、部活のノリのような雰囲気もある。

上のロゴをクリックするとHR総研のサイトへジャンプします

OfferBoxのコメントでは「自信」という言葉が目立つ。一人だけの就活は寂しく自信を失いかけることも多い。そんな時に仲間の口コミも力になるが、企業からのオファーも自信になるそうだ。「オファーがくるので否定された気分にならない。テンションが下がらず活動できる」、「かなりオファーが来るので自分に自信がつく」。

「最も活用する就職サイト」の順位だけを見ると、支持する学生の割合しかわからないが、コメントを読むと就職サイトの個性がわかる。ここ数年の「活用した就職サイト」は激変しており、とくに今年はリクナビという名門サイトの凋落、そして個性が際立つ就職サイトの躍進が目立った。日本の新卒採用に構造的な変化が起きているのかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT