裁判百年史ものがたり 夏樹静子著 ~司法の当事者にこそ読ませたい労作

裁判百年史ものがたり 夏樹静子著 ~司法の当事者にこそ読ませたい労作

評者 仲倉重郎 映画監督

 「裁判」が法に基づいて行われるようになったのは、1889(明治22)年に帝国憲法が制定され、翌90年に裁判所構成法が公布されてからである。以来120年、数々の事件が起こったが、その中でも裁判として意義深く、また後の時代にも影響を及ぼしたとされる12の大事件が取り上げられている。

その最初が「大津事件」である。91年、ロシアの皇太子ニコライが滋賀県大津で襲われた。犯人は、こともあろうに行列の警備をしていた巡査の津田三蔵であった。当時のロシアは超大国だったので、政府はパニックに陥った。犯人を如何に処すべきか。皇族に対する罪ならば死刑だが、外国の皇太子は「皇族」か否か大論争になった。ことを穏便に済ませたい政府は死刑にしたい。

だがそれに敢然と立ちはだかったのが、時の大審院長児島惟謙である。児島は行政の露骨な干渉をはねのけ司法権独立のために奔走した。その攻防は近代司法確立のための苦闘である。

そのほか、大逆事件、翼賛選挙無効裁判、帝銀事件、松川事件、チャタレイ裁判等、裁判史上忘れられない12の裁判が取り上げられている。それぞれに時代を表している事件である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。