エクスペディア、スマホで威力を発揮

スケジュール管理をスマートにできる

スマホアプリは、どれくらい便利なのか?

さて、インターネット経由での旅行予約手配がどれだけ普及しているかについては、先程お伝えいたしましたが、最近では、携帯アプリも登場しています。その利用率は、パソコンなどが約70%に対し、モバイルは30%弱と低く、まだ使ったことがないという方も多くいるかもしれません。ですが、実際に使ってみると、これがとても便利でした。

操作画面は、非常にシンプルで感覚的です。まず、アプリをダウンロードすると、すぐにフライトかホテルを選ぶ画面があらわれます。フライトの方に進むと、出発地や目的地、旅行期間を、ホテルの方では、目的地と旅行期間を選択するようになっていて、ここを埋めるとすぐに検索結果が表れます。通常、フライトを選ぶ時に、価格の安い順、飛行時間、希望の出発時間などで並び替えたり、ホテルでは、価格や人気順、割引額などの項目でソートをかけたりしますが、この機能はアプリでも使用可能です。そして、数回の選択を重ね、最終的にクレジットカードの情報を入力するだけで予約が終了する、とてもスマートで使い勝手の良いアプリです。

さらに重宝する機能としては、リマインダー機能があります。出発前には、フライト時間や搭乗ゲートの案内ポップアップが入りますが、フライトの遅延や、突然ゲートが変更になった場合でも、アップデートされた情報をもとに連絡が入りますので、空港で何時間も時間をもてあますようなことをしなくてすみます。

また、旅程表を会社や現地スタッフと共有することもできます。こうしておけば、もしフライトが遅れても、現地スタッフがフライトの遅れをタイムリーに確認できるので、例えば予定されているミーティングや商談の時間を予め変更する、ということも可能です。

様々な進化を遂げている旅行予約サイトの携帯アプリ。実際に使ってみると、目覚ましいテクノロジーの発展を感じますし、ますます便利になっていながらも、シンプルで手軽に旅行ができることに喜びをも感じます。何と言っても、手のひらの中で、飛行機の予約ができる時代になったのですから。

画像を拡大
(一番左)ホテルとフライトを選べるシンプルなホーム画面
(左から二番目)検索結果の画面では、ソートも可能
(右から二番目)旅程が確定すると、カレンダー登録や、メールでシェアすることもワンタップで完了
(一番右)フライトや搭乗口を案内してくれるリマインダー
次ページエクスペディアを使って香港、マカオを満喫
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。