「住みよさランキング2021」全国総合トップ50 2年連続「総合評価1位」になった石川県のあの市

印刷
A
A
「住みよさランキング」の上位に入った都市にはどのような特徴があるのか(写真: chako/PIXTA)

東洋経済『都市データパック』編集部が1993年から発表している「住みよさランキング」は、自治体ごとに“住みよさ”を表す各指標について偏差値を算出し、その平均値を総合評価として、順位付けを行っている。

今回の「住みよさランキング2021」の算出指標は、安心度利便度快適度富裕度の4つの視点からなる20指標を採用しており、前回と比べ算出基準に変更点はない。

ランキング対象となる自治体については、全国の792市と、都心3区と呼ばれる千代田区・中央区・港区を除いた東京特別区20区の合計812市区。こちらも前回と変更はない。

2年連続「総合評価1位」は石川県野々市市

「住みよさランキング2021」の総合評価1位は、昨年と同じく石川県野々市市となった。野々市市は石川県のほぼ中央に位置し、金沢市と白山市に囲まれた新興都市。金沢駅まで電車で7分の距離にあり、複数の大学が立地している。人口は5.3万人で若いファミリー世代を中心に増加が続いている。

『週刊東洋経済臨時増刊「都市データパック 2021年版」』は6月14日に発売。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

野々市市における4つの視点の各ランキングは、利便度以外の順位は3桁台であるのに対し、利便度は10位と突出する前回同様の傾向となった。

利便度を構成する指標である「人口当たり小売販売額(以下「小売販売額」)」と「人口当たり大規模小売店店舗面積(以下「大型店面積」)」が、ともに偏差値の上限の70を獲得して1位であることから、商業施設がそろう良好な買い物環境があるとうかがえる。

また、安心度の順位は181位であるものの、安心度を構成する指標「子どもの医療費助成」(3位)については、外来・入院ともに「18歳の年度末まで所得制限なし」で利用できる。「20~39歳女性人口当たり0~4歳児数(以下「0~4歳児数」)」も高い。

他の指標では、快適度を構成する「水道料金」、富裕度を構成する「財政力指数」や「1住宅延べ床面積」、「住宅地地価」なども上位にある。

総合2位になったのは東京都武蔵野市。3位が東京都文京区となり、前回の2位と3位が入れ替わる結果となった。上位3位の偏差値について前回と比較すると、野々市市が前回55.62から55.34、武蔵野市が同55.12から同55.26、文京区が同55.14から同55.13となり、文京区の横ばいに対して武蔵野市がスコアを伸ばしトップに詰め寄った。

次ページ都道府県別の安心度で上位に入ったのは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
生保レディ、昇格しても固定給が下がる理不尽
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT