リストラに初の減配、JTが迫られた「背水の選択」

たばこの巨人が"紙巻き依存"脱却へ舵を切った

柱のたばこ事業での本社機能海外移転、社員大リストラ、上場以来初の減配――。会員サイト『東洋経済プラス』のデジタル特集「JT 背水の選択」では、紙巻きたばこの需要減少により、大改革へ腰を上げたJT(日本たばこ産業)のゆくえに迫った。

以下の記事を無料でお読みいただけます。

「打倒アイコス」、加熱式新商品に託すJTの命運

「『IQOS(アイコス)』と比べても商品の出来に自信はある」

JTは加熱式たばこ「プルーム」シリーズ(右)の新商品を投入し、アイコスの後塵を拝している加熱式の市場での巻き返しを狙う(左:尾形文繁、右:編集部撮影)

JTの寺畠正道社長が、そう力を込める商品がある。今夏に発売する「Ploom X(プルーム・エックス)」だ。火を使わず、煙や灰の出ない加熱式たばこの新製品となる。

紙巻きたばこで世界シェア4位、日本国内ではシェア1位。そのJTが、加熱式たばこ市場で追い詰められている。>>記事はこちら

インタビュー/寺畠正道社長
「たばこ事業は評価も給与も海外と統一する」

JTは2021年2月に大胆な組織改革とリストラ策を発表した。

寺畠社長は「JTグループが今後10年、20年という長いスパンで勝ち残るため、今回の改革で一番重要なのはたばこ事業を一本化することだ」と語った。写真は2019年11月(撮影:今井康一)

国内での3000人規模の人員削減に加え、JT本体が担ってきた国内たばこ事業と、子会社「JTインターナショナル(JTI)」が統括してきた海外のたばこ事業を統合する。これにより、2022年以降たばこ事業の本社機能はJTIがあるスイスに移転する。

JTの姿はどう変わるのか。寺畠社長に聞いた。>>記事はこちら

データ編/親子世代でこれだけ違う「喫煙事情」

国内の「紙巻きたばこ離れ」に歯止めが掛からない。

禁煙者が増える一方、喫煙者の間でも、1日当たりに吸う本数などの実情は年代によって変化が見られる(撮影:今井康一)

逆風が年々強まる中、JTの国内たばこ事業を担う単体従業員数は、複数回のリストラにより直近20年で半減。さらに同社は2021年2月、国内事業についてパートを含めた3000人規模の人員削減を行う方針を発表している。

健康志向の高まりや値上がりなどを背景に、禁煙者が増えていることは言うまでもない。一方で日頃たばこを吸う人の"喫煙事情"には、どんな変化が起きているのだろうか。>>記事はこちら

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT