パスタとカレーを「罪悪感0」で食べられるレシピ

脂質を最小限に抑え、野菜はたっぷりと摂取

また、「たんぱく質さえ摂っていれば大丈夫」という「たんぱく質神話」と並んで間違って認識されがちなのが、「ダイエット時には脂質や炭水化物を抜く」ということ。

たしかに「脂質の摂りすぎ」は、肥満の原因になりえます。あまり食べていないのに太ってしまう人は、脂質の多い食べ物を選んでいる可能性が高いです。実際、1人分のパスタでも、オイルとバターで女性1日分の脂質が含まれている場合もあります。

また、たんぱく質=1gあたり4kcal、脂肪=1gあたり9kcal、炭水化物=1gあたり4kcalのため、同じ量でも脂質を減らしてたんぱく質や炭水化物を増やしたほうが総カロリーを減らすことができます。

しかし、脂質は悪ではありません。脂質を極端に摂らなくなると、肌が荒れたり、すぐに空腹になったり、活力が減退したりします。

同じことは、炭水化物にもいえます。炭水化物を抜くと、糖質制限によって体重は落ちますが、体は枯渇している状況です。そのため筋肉が落ちたり、頭がクラクラしたりします。「炭水化物ダイエット」は有名なダイエット法ですが、完全に抜くのは危険です。

結局のところ、何かを過剰に摂取する、あるいは断つというのは体への負担でしかなく、健康的にやせるとは真逆の方針です。「自分の体に合わせて、バランス良く栄養素を摂る」ことこそ王道であり、最強のダイエット法なのです。

間食は摂らないのが理想だが…

食事の回数は、ご自身の「基礎代謝量」に合わせ、ビタミンとミネラル、食物繊維を摂取すれば、基本的には何回でも構いません。

ただ、1回にガッツリ食べすぎると、血糖値が急上昇し、食後に眠くなったり集中できなくなったりする可能性があります。そうした理由から、できれば「3、4食に分ける」のがおすすめです。

また、トレーニングをしている人は、直前に(特に油っこいものを)食べたり、逆にエネルギーが枯渇したりしていると、パフォーマンスが落ちてしまうので、タイミングについては意識しましょう。

間食は摂らないのが理想です。しかし、中には「ポテトチップスやチョコが好きで、定期的に食べないとストレスになってしまう」という人もいるでしょう。

そうした場合、食べすぎなければ(量をコントロールできれば)OKだと考えています。ここでも自分の1日の基礎代謝量を意識して、その他の食事とバランスをとるかたちでダイエットを続けましょう。

次ページ健康的な体をつくるポイントは“りんごジュース”
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT