ノージャケット姿がパッとしない男の致命的弱点

そのボタンダウンが手抜きビズに見えてしまう訳

なぜあの人のシャツ姿はエレガントに見えないのでしょうか(写真:プラナ/PIXTA)
この記事の画像を見る(5枚)

ノーネクタイのシャツといえば「襟先が浮かないボタンダウンカラー」。この工夫はもはや常識かもしれませんが、シャツの「生地感」と「前立て」が印象に及ぼす影響はあまり知られていません。

光沢あるブロード織りの白シャツは、スーツ姿によく合います。ですが第一ボタンを開けたシャツの着こなしでは「別の法則」が求められます。というのも柔らかなシャツでは「首下の生地がクシャっと折れてしまう」からです。

そこで今回はノージャケット姿を格上げする「シャツの工夫」について、延べ4800人以上のビジネスマンの買い物に同行してきた服のコンサルタントがお伝えします。

ボタンダウンなのに、だらしなく見える理由

襟先がピョコっと浮かないように「ボタンで襟を留めた」ボタンダウンカラーシャツ。16年目のクールビズを迎え、もはや常識ともいえる工夫です。ところがノーネクタイ姿を凛と見せるには、この工夫では十分とは言えません。

襟の重さに生地が耐えられていないブロード織りのシャツ

綿100%という同じ素材であっても、織り方で生地感が変わります。ビジネスシャツの基本ともいわれるブロード織りは、第一ボタンを開けて着たとき「襟の重さに生地が耐えられない」のです。その結果、「クシャっと歪んでいる首元が気になる」という感覚を経験したビジネスパーソンは少なくないのではないでしょうか。

これは「生地感の問題」です。ショップのクールビズコーナーに並ぶ専用シャツ。その多くは「襟型の工夫」が施されていますが、生地についてはウォッシャブル・防シワ・ストレッチという機能に終始したものばかり。

なぜかシャツ姿がパッとしないビジネスマンは「生地の張り感」という視点を見落としているのです。

次ページ襟の重さに耐えうるシャツ生地
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT