44年前「3万キロ国際ラリー」で感じた意外な恐怖

特に厳しかった中東~インド走破の思い出

ロンドン~シドニーの約3万キロにも及ぶ国際ラリーの恐怖を乗り越えるために思いついた名案とは?(イラスト:溝呂木陽)
約44年前のこと、ロンドン~シドニーの約3万キロにも及ぶ国際ラリーの思い出は、恐怖だったと振り返る筆者。それを乗り越えるために思いついた名案とは?

44年前の中東~インド、恐怖の思い出

1977年……44年前のこと。「ロンドン~シドニー 3万キロラリー」に出場したときのあれこれは、今も鮮明に覚えている。チームは、スバルの小関典幸さん、高岡祥郎さんと僕の3人。クルマはスバル・レオーネ1600 4WDだった。

このラリーへの参戦記は前にも書いた。サポートのないプライベートチームには「異常なほどの“耐久力” 、“持久力”が試される」そんなことが前回の話の中心だったが、今回は「恐怖の思い出」について書く。

本記事はLEON.JPの提供記事です

ラリーの大雑把な内容だが、ロンドンからシンガポールまでが17000km。パースからシドニーまでをW字状に走るオーストラリア・セクションが13000kmの計30000km。

前半は1200~1300km/日、後半は2200km/日を走るスケジュール。とくに、容易に道に迷ってしまうような砂漠が中心の後半はきつかった。

カンガルーとの衝突でフロントウィンドーを失い、2本のタイヤがほぼ同時にバースト、ゴールへの道のりは険しかった。でも、なんとか耐えきり、走り切った。

「順調に走っていれば……」との悔しさは当然あったが、総合19位、クラス4位……ロンドンをスタートしたのが80台だから、まぁ、頑張ったといっていいだろう。

本題に入る。「中東~インド、恐怖の思い出!」とはどんなことか。ひと言でいえば「人とクルマが怖かった!」ということ。「中東~インド」というだけではあまりピンとこないだろうから、具体的な国名と都市名をも挙げておこう。

恐怖はイスタンブール/トルコから始まり、テヘラン/イラン、カブール/アフガニスタン、ラホール/パキスタン、デリー、ムンバイ、チェンナイ/インドまで続いた。

ロンドンからスタート。フェリーでアムステルダムへ渡った。そこから欧州セクションは始まったが、アテネ/ギリシャまでは淡々と進んだ。

ただし、タフなスケジュールに身体が慣れていないので、「睡魔」との戦いは厳しかった。事故も起き、死傷者も出た。われわれもヒヤッとしたことはあったが乗り切れた。

そして、トルコに入ったのだが、クルマも少なく、ストレスを感じることはあまりなかったのだが、イスタンブールに近づくにつれて状況は一変した。

次ページいったいどんな状況に!?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT