トヨタ「ランクル」が圧倒的にタフな車である訳

未経験者ではドライバーの身がもたないほど

世界一タフなクルマと称されるランクルで、オーストラリアの「砂漠の旅」に挑んだ(イラスト:LEON編集部)
シドニーからエアーズロックを往復する「砂漠の旅」に選んだクルマはトヨタ・ランドクルーザー。往復で6000kmもある距離、ましてや荒れた路面や砂漠を走りきる改めてタフだと感じるランクルのポテンシャルとは?

ランクルは壊れなかったが、人が壊れた

僕はランクル(トヨタ・ランドクルーザー)を世界一タフなクルマに指名する。この指名に異議を唱える人はいないだろう。もしいても、ごく少数に限られるはずだ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

僕は若い頃、よくーオーストラリアに走りに行った。仕事でもプライベートでも。

でも、行く先はシドニーやメルボルンやゴールドコーストではない。デザートエリアばかり、、つまり砂漠を走りに行ったのだ。

いろいろなクルマで、あるいはバイクで走ったが、タフさという点ではランクルが圧倒的だった。

あるとき、広告代理店の仕事で、シドニーからエアーズロックを往復する「砂漠の旅」を依頼され受けたのだが、主役を演じるクルマには迷わずランクルを選んだ。

ランクルのタフさなら仕事に支障が出ないし、映像を観る人が「すごい!!」と思ってくれる派手なパフォーマンスもしやすいからだ。

マネジャーが1人、撮影関係者が3人、そして僕という小さなチームはいいが、砂漠経験者が僕1人というのがちょっと心配だった。

現地のガイドを雇う提案をしたのだが、経費面で厳しいということで却下。結局は僕がガイドを兼任することになったのだが、あれこれ経験があったので、とくに不安はなかった。

ランクルも伴走車もシドニーで調達されたが、「絵になる」との理由で選ばれたのは、たしか「40系?」だったと思う。

40系は1960年代から1980年代まで、あれこれ進化しながら作り続けられたが、いかにもタフな姿は今見てもカッコいい。趣味としてのランクル愛好者に最も愛されているモデルも、たぶんこの40系だろう。

ハッキリ覚えてはいないが、エンジンは4気筒・3ℓのディーゼルだったと思う。トランスミッションは4速MT。

次ページかなり使い込まれてはいたが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。