「アルピーヌA110S」乗ってわかったスゴい実力

この復活フレンチスポーツカーは大人に似合う

大人がゾクゾクしてしまうフレンチスポーツカー「アルピーヌ A110S」の実力とは(写真:LEON編集部)  
ルノーのスポーツモデル作りをベースとしていたアルピーヌ。1995年にその活動を休止していたが、月日を経て2016年に復活。日本でも人気が高いこのフレンチスポーツカーに新たに加わった、よりスポーティーな「アルピーヌ A110S」の実力をリポートする。

大人にこそ味わってほしい、官能的な走り

スポーツカーは若者のためのものではない。と、あえて言い切ってしまいましょう。スポーツカーに乗れるのは、大人の特権です。社会のなかでどう振る舞えばいいかよ~くご存じのオヤジさんこそ、はやる気持を抑えてスポーツカードライビングを楽しむのにふさわしいのですよ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

なかでも、シブいオヤジさんにぴったりのスポーツカーがあります。フランスの「アルピーヌA110S」。ほんとはアルピンって発音するんですが、ここは日本の輸入元にしたがっていきましょう。社会的マナーを心得ているのも大人の男ですから。

A110Sは、先に発売されたA110のパワフル版として、追加されたモデル。A110は2017年に発表されたモデルで、A110Sは2019年7月に登場。オリジナルの185kW(252ps)より212kW(295ps)へとパワーが上がっています。

加速性能をみても、オリジナルが静止から時速100キロまで4.5秒であるのに対して、A110Sは4.4秒。数値的には微差ですが、実際に乗るとかなり駿足です。サスペンションも専用チューニングで、A110も十分いいんですが、より足がびしっと締め上げてあって、ワインディングロードとか走ると、かなりなもんです。

特別注文になるマットグレーの車体色(写真:LEON編集部)

7段ツインクラッチ式変速機を備えていて、アクセルペダルを強めに踏んで加速するときは、シフトタイミングを遅らせ、パワーがたっぷり出る上の回転域まで使えます。最高出力は6420rpmでと高回転型なので、がんがんエンジンを回して走らせるガソリン車の楽しみが味わえるのですね。

アルピーヌについては、先刻ご承知のオヤジさんもいると思いますが、そもそもルノー車のディーラーをフランスで営んでいたジャン・レデレという人が、フツーのルノー車のパーツを使いながら作り上げたスポーツカーです。

次ページ最初はクルマ好きの趣味と思われていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT