人類初「AIと融合」した61歳科学者の壮絶な人生

「ネオヒューマン」の生活は喜びと希望に溢れる

経営戦略コンサルタントとして、若くして大きな成功をおさめたピーター博士は、50代を前にアーリーリタイア。同性のパートナーであるフランシスと世界中を旅しながら暮らす、悠々自適の生活を手に入れる。

しかし、人生のお楽しみはまだこれからというタイミングでALSを発症。博士が58歳のときだった。

ALSといえば、かのスティーヴン・ホーキング博士が患った病気としてご存じの読者も多いだろう。よく知られているように、全身の筋肉が段階的に動かなくなっていき、最終的には自分の体に「閉じ込められた」状態になる病気だ。意識は完全に保たれているにもかかわらず、まばたきをしたり目玉を動かしたりする以外、外部との意思疎通もままならなくなる。

それゆえに、ALSは「最も残酷な病気」などと形容されることが多い。しかしピーター博士は、絶望するより先にこう考えた。「それって、本当なのか?」と。

これは決して「現実逃避」などではない。「鋼(はがね)のメンタル」というようなものでもない。人生の中で何度も大きな挫折に遭遇しているピーター博士は、そのたびに真正面から傷つき、眠れない夜を過ごしてきた。

そんなとき、ピーター博士が必ず頼りにするのは、「思考」という武器だ。

7歳にしてアインシュタインに魅せられたピーター博士は、科学者のマインドセットを何より重んじ、つねにあらゆる前提や常識を疑う。そして、あらゆる選択肢や仮説を検証し、「変化を起こす」ための道を追求しつづける

だからこそ、どれほどの強敵を前にしても、ピーター博士にとって「敗北」はありえない。考えることをやめさえしなければ、必ず戦況を変えることはできるはずだからだ。

さまざまな「迫害」に勝利し続けた波瀾万丈な人生

これまでにも、ピーター博士の行く手には、さまざまな敵が立ちはだかってきた。

ゲイであるからという理由で少年時代のピーターを迫害したパブリックスクールの校長。20歳にして出会った「運命の男性」フランシスとの交際をかたくなに認めようとしない両親。名門コンサル会社で、若手ながらに目覚ましい業績を上げるピーター青年の昇進を阻もうとする狡猾な同僚。旧弊なイギリス社会で、ようやく「シビルパートナーシップ(同性間のパートナーシップを法的に認める制度)」の実現が進むなか、横槍を入れようとする聖職者たち。

しかしピーター博士は、どんな敵にも屈することなく、いつも最後には高らかに勝利を宣言してきた

2005年には、イギリスで初めて「結婚式」を挙げたゲイカップルとして、全国のメディアから注目を浴びている。

経営コンサルタント時代の1994年に、『会社の不文律』(ダイヤモンド社より邦訳刊行)という世界的なベストセラーを出していることも注目に値するだろう。この本は、企業の変革や成長を妨げている「暗黙のルール」をひもといたもの。まさしく「常識をひっくり返して変化を起こす」ことを信条とするピーター博士の本領が発揮された一冊だ。

ちなみに、同書の刊行時には、『ライフ・シフト』のリンダ・グラットン氏が次のような賛辞を寄せている――「凡百の組織改革本とは一線を画した本。1990年代の“マネジメントのバイブル”にふさわしい」

次ページ「AIと融合」しサイボーグとして生きる決断
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT