「ナショナリズムは危険だ」と誤解されがちな理由

帝国や無政府状態よりも優れている「国民国家」

今まで考えられてきた「ナショナリズム」は誤解されている(写真:olrat/iStock)
新型コロナウイルスは、グローバリズムがもたらす「負の側面」を浮き彫りにし、「国家」の役割が再注目されるきっかけにもなっている。いわば「ポスト・グローバル化」へ向かうこのような時代の転換期にあって、国民国家、ナショナリズムを根源的に捉えなおす書、『ナショナリズムの美徳』がこのほど上梓された。
トランプ政権の外交基盤となり、アメリカ保守主義再編や欧州ポピュリズムにも大きな影響を与えたといわれるハゾニー氏の論考。われわれはどのように読み解けばいいのか。
本書の訳者、庭田よう子氏が、本書の概要を解説する。

誤解されがちな「ナショナリズム」

戦後の日本では、「ナショナリズム」というと、偏狭で排外的な、ともすると軍国主義につながりかねない危険な思想だと思われがちである。これは日本だけではない。第2次世界大戦のナチス・ドイツによる蛮行がナショナリズムに帰するものとされ、世界的にも、排他主義的な思想とみなされるようになった。

『ナショナリズムの美徳』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

イスラエルの政治学者で聖書研究家のヨラム・ハゾニーは、それに異を唱える。著者が本書を著したのは、わたしたちがナショナリストの立場をとるべき理由を述べるためだ。著者によれば、ナショナリズムとは、「ネイションがそれぞれ独自の伝統を育み、干渉されることなくそれぞれの利益を追求し、それぞれが独立した針路を定めることができるとき、世界は最良の形態で統治されるという原則に基づく立場」である。

ネイション(nation)は、「国民」や「民族」と訳されることが多いが、本書では「共通の言語や信仰をもち、防衛やそのほか大規模な事業のために一丸となって活動した過去を共有する、多数の部族(tribe)」からなる集団と定義づけられていることもあり、「ネイション」とカタカナで表記することにした。

本書の第1部「ナショナリズムと西洋の自由」では、西洋の政治で長年対立が続いてきた2つの政治秩序のビジョンが比較される。1つは自由で独立したネイションの秩序(国民国家)。もう1つは唯一の超国家的権威による、単独の法体系下で結合した人々の秩序(帝国)である。

次ページ西洋世界は帝国主義の時期が長い
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT