スカイプ英会話「レアジョブ」誕生の秘密

日本の英語教育を変えるキーパーソン 加藤智久(1)

 こんにちは、安河内哲也です。今回は、オンライン英会話の最大手で、今年6月に東証マザーズに新規上場したばかりのレアジョブの加藤智久社長に行ったインタビューを掲載します。
 フィリピンに住むフィリピン人講師とスカイプを通じて行う格安の英会話サービスは、いったいどのようにして生まれたのか? 上場後、どのようなビジネス展開を考えているのか?  小、中、高、大と学校教育の場にレアジョブ英会話を導入することは可能なのか? 日本人の英語の話す力の底上げにいちばん必要なことは? などなど、じっくり話してもらっていますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

中学時代の親友と起業

安河内:東証マザーズに新規上場、おめでとうございます。

加藤:ありがとうございます。

安河内:ベンチャーとしてスタートされて7年で上場とは、すごいですね。レアジョブは加藤さんと中村岳さん(現副社長)のおふたりで起業したんでしたよね?

加藤:僕と中村と優秀なフィリピンスタッフ1人の3人で始めました。

今年6月、東証マザーズに上場(写真:レアジョブ提供)

安河内:そうですか。設立時のベンチャーストーリーをお話してもらっていいですか? 東洋経済の読者には、アントレプレナーとして会社を起こしたいと思っている人もいるかと思うので。レアジョブがベンチャー企業として、英語教育に対してどんな理念を掲げて急成長していったのかを教えてください。加藤さんは大学を出てすぐレアジョブを立ち上げたのですか?

加藤:いえ、違います。外資系コンサルで働いていました。

安河内:そうですか。では、もっとさかのぼってお話聞かせてもらっていいですか? 高校はどこですか?

加藤智久(かとう・ともひさ)
レアジョブ代表取締役社長
1980年、千葉県出身。一橋大学商学部卒業。 外資系コンサル会社に2年半勤めた後に退社し、2007年10月、同社を立ち上げ、代表取締役社長に就任。
ブログ「RareJob CEOの日記

加藤:開成高校です。中村は同級生でした。彼とは(開成)中学1年のときからの友達です。

安河内:じゃあ、親友同士で起業したわけですね?

加藤:ええ、そうなりますね。

安河内:大学も一緒だったのですか?

加藤:中村は東大、私は一橋です。

安河内:何を勉強されたんですか?

加藤:中村は理系で通信系のエンジニアリングを、僕は文系でして、商学部でした。大学では会計学などを学んだことが現在に生きていると感じていますが、併せて在学中に休学して1年、ベンチャー企業で働いたり、就職するまでの1年をかけて海外を回って、たとえば中国やメキシコにいた経験が今に生きていると思っています。

次ページターニングポイントは大前研一氏主催の「一新塾」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT