日本人は「糖尿病の真実」をあまりに知らなすぎる

堀江貴文氏が最新情報を追い続ける理由

今や「国民病」といわれている糖尿病、なぜ日本人は糖尿病になりやすい?(写真:towfiqu/PIXTA)
この記事の画像を見る(4枚)
宇宙ロケット開発など実業家として知られる堀江貴文さんは、2015年から予防医療に取り組んでいます。堀江さんの最新刊『糖尿病が怖いので、最新情報を取材してみた』をもとに、予防医療に携わるようになった経緯と、今回の糖尿病予防プロジェクトについて伺いました。堀江さんの言葉そのままに、一気に掲載します。

糖尿病の映画まで作ったワケ

2015年5月、国立国際医療研究センター国府台病院の上村直実院長(現・名誉院長)に取材したときのこと、「日本人の胃がんの99%はピロリ菌が原因で、ピロリ菌を除菌すれば胃がんを減らせるにもかかわらず、ピロリ菌検査・除菌を行う人がとても少ない」ことを知った。 

日本人の胃がんの発症率は欧米の5倍以上だ。つまり、「防げる死」が放置されている。助かる病気で死ぬなんて馬鹿らしい。情報を広く知らせるべきだと痛感した僕は同年10月、予防医療普及委員会を仲間とともに立ち上げた。その目的は、予防医療に関する最新知見や情報を収集し、発信すること。これは2016年3月に一般社団法人 予防医療普及協会となり、現在に至っている。

そして、今回僕が取り組んだのが、今や「国民病」とまで言われている糖尿病だ。現在、日本人の6人に1人は糖尿病、または糖尿病予備群で、それぞれ約1000万人もいる(厚生労働省 平成28年「国民健康・栄養調査」)。しかも、コロナ禍の自粛生活のなか、過食・運動不足・ストレスが重なり、糖尿病の病態が悪化している人が増えているようだ。

ところが、多くの人は糖尿病のことを知っているようで、その実態を知らない。なぜなら、糖尿病は深刻な合併症(これが怖い!)が現われるまで、ほぼ自覚症状なしで進んでいくからだ(「サイレントキラー」という)。

糖尿病の怖さを多くの人に知ってもらいたい、後悔してほしくない。そんな思いから取材を始め、ようやく本としてまとめることができた。それが、『糖尿病が怖いので、最新情報を取材してみた』だ。また、同書と並行して、映画『糖尿病の不都合な真実』も製作した。こちらは5月1日より、無料で視聴できる。

まずは、西アズナブルさんのマンガを読んでほしい。取材先の下北沢病院は、日本で唯一の「足」の総合病院だ。

次ページ糖尿病による合併症の一部を漫画で紹介
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT