汚染されると心身に大害「超危険な家カビ」の正体

知らぬ間に増殖、対策はとにかく換気と乾燥

家の中にカビが発生しないように普段から対策しておくのが賢明です(写真:makasana/iStock)
少しでも水分のたまったところがあれば出現するカビ。家の中でもさまざまなところで増殖し、ときには健康被害をもたらすこともあります。今回は家のカビの生態とカビ対策について解説します。
※本稿は浜田氏の近著『カビの取扱説明書』を一部抜粋・再構成したものです。

前々回:餅もミカンも注意「カビは削れば食える」の危険
前回:健康被害ないけど気になる「スマホのカビ」生態

アメリカで恐れられている「ブラックモールド」

アメリカでは、カビの健康被害がしばしばニュースとして取り上げられる。英名「ブラックモールド(黒いカビの意)」というカビが、アメリカでは有名である。

このカビは住宅の壁などに生えるスタキボトリス・カルタルムのことで、住宅に生える最も危険なカビと恐れられている。

私は10年余り前に、建材に生えたカビについての同定を依頼された時に、「検出されたカビはスタキボトリスである」と報告したところ、さっそく、依頼者から問い合わせが来た。

「ネットでこのカビを検索したところ、膨大な数の英語の記事がヒットするのですが、なぜでしょうか?」

1999年12月にアメリカで「カビ:健康への警戒警報」という週刊誌の記事が話題になった。マイホームで防護服とフェイスマスクを着けている夫妻の写真と、そのいきさつが掲載された。

その家の住民は「家が苦しんでいるのを終わりにしてあげたい」と訴えた。カビ汚染した住宅で暮らすことの危険性を、アメリカの住民に象徴的に示したのである。その後も、「カビの幽霊が出没する家」として、テレビなどでしばしば取り上げられた。

次ページ内壁などに大発生
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT