田村淳が伝えたい「悲しいだけの葬儀」の違和感

疑似体験できるように描写した母と最期の別れ

2019年4月、淳は慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科に入学した。死に方や弔い方の選択肢が今の社会には少なく、そこを拡充するサービス「遺書の動画」を研究したいと思ったからだ。

45歳になって始めてパソコンを持ち歩く生活が始まり、課題に悪戦苦闘しながらも、発見の連続が多い日々を過ごしていた。世の中や社会の見え方がそれまでと大きく変わった。生み出したのが2020年8月にローンチした、遺書を動画にして、大切な人に想いを届けるサービス『ITAKOTO』だ。

名前に込められているのは、「残された方に“言いたかったこと”」「この世に“いたこと”」「今を生きる人にメッセージを伝える“イタコト”」。遺書動画を通じて死生観をアップデートすることで、大切な人に言い残したことや後悔がないか、自分の人生を改めて考えるきっかけをつくり、明日を生きる活力に変えてもらいたいという希望を込めた。

「サービスを開始してから集まった2000人くらいのデータを見ると、自分の生きる道が明確になった、こうやって自分は生きたいんだと客観視することができた、という感想が8〜9割ありました。遺書は残された人のために書くものだけど、実は自分のためにもなるってことです。この点も、今後のサービスで推していけたらいいなと考えています」

修士論文のテーマは「遺書の新しい概念」

淳は慶応義塾大学大学院2020年度修士論文として、『ITAKOTO』による遺書の新しい概念のデザイン「死者との対話」をテーマに発表している。YouTube活動を一時離脱するなど真剣に修士課程に臨んだ。

「論文って何を書けばいいのだろう?」と、1行目からどう書いていいかわからない状況からのスタート。執筆中の4カ月くらいは、仕事が終わって論文、仕事が終わって論文の繰り返しで地獄のような日々だったと、笑いながら話す。最後の最後、ギリギリまで走り抜けた時間は、結果的に淳を大きく成長させた。

「研究は、1つのテーマを掘り下げて、いろいろ調べてデータをまとめて発言したりディスカッションを繰り返したり。それまでの僕の発言ってどちらかというと感情に訴えかけるような喋りをしていたのが、多少ではあるけどデータを元に話せるようになった気がします。例えば2000人の遺書をデータとして把握したうえで喋っているので、揺るがない自分でいられる」

次ページ淳の「生き方と死に方」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT