SNSで業界が一変、米新興メディアの拡散力

新興勢の台頭で斜陽業界に再び注目が集まっている

伸び盛りの新興メディアの特徴は、SNSを介して記事の「拡散」に注力する点だ。

ある大手紙の幹部によると、自社サイトを直接訪れる読者は大きく減り、フェイスブックやツイッターからの訪問者数が急増。あるネットメディア幹部に言わせれば、「デジタル時代のフロントページ(1面)は、ソーシャルメディア」なのである。

実際にバズフィードは、「どういった記事がなぜ拡散されるのか、というジョナ(・ペレッティ創業者兼CEO)の興味本位で始まった」(国際事業担当のスコット・ラム副社長)。ネコの画像を大量に載せることで存在が知られた同社だが、実はその拡散手法はかなり緻密だ。

ハイテク企業が生き残る

サイト上に「カワイイ」「爆笑」などの感情項目を設け、読者が各カテゴリーに当てはまる記事を読めるようにした。社内にデータアナリストを抱え、どういう見出しや記事が拡散されやすいかを分析するほか、独自のアルゴリズム(計算方式)を採用して、記事がどの程度拡散するかも探る。記者を採用する際も「ツイッターのフォロワー数が多く、どういう見出しが拡散されやすいか知っているかも重視する」(同)という徹底ぶりだ。

もう一つの特徴は「メディア企業であると同時に、ハイテク企業でもあること」(同)。社内に大量のエンジニアを擁することで、設立当初から、記事の編集・配信方針に沿ったコンテンツ配信システムを開発できた。

新興メディアの大半は記事を無料で配信し、広告収入で稼ぐビジネスモデルを志向。その広告も従来のバナーではなく、「ネイティブ広告」という、日本の“記事体広告”に近い。こうした広告は通常の記事と交ぜて掲載(ただし広告とはわかるように)。広告でも拡散されやすい内容や配信手法を追求している。

次ページ事業を確立するための課題とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT