トップは34%「再婚割合」47都道府県ランキング

子育て支援のほかに少子化対策でできること

日本の少子化の実態はどうなっているのかデータからひも解きます(写真:kokoroyuki/iStock)

少子化問題というと「子育て支援!」と言いたくなる方は非常に多いかもしれません。しかし、少子化=赤ちゃんの減少、と定義するならば、子育て支援の対象者として想定されている夫婦(とくに初婚同士)が授かる赤ちゃんの数は「いまだに2人」で、実は半世紀前とあまり変わっていないのです。

とくに、再婚者を一方または双方に含まない「初婚同士のカップル」が持つ子どもの数は、半世紀たっても微減程度で、ほぼ変わらないという状況です。

そういう意味では日本の「子育て支援策」は、時代が変化したにもかかわらず初婚夫婦の持つ子どもの数を半世紀維持してきたという点で、成功してきたといえるでしょう。

「生まれてくる赤ちゃんが激減」のワケ

「え? 女性が社会進出して晩婚・晩産化して、加えて待機児童問題もあるし、それで子どもが減ったんでしょ?」と思っている方に、ちょっとショッキングなデータをご紹介したいと思います。

繰り返しになりますが、晩婚・晩産化しても、初婚同士の夫婦で授かる子どもの数は半世紀前とほとんど変わらず2人です。

それでも、生まれる赤ちゃんの数は半世紀で半数以下に大激減しています(1970年193万人→2019年87万人。1970年の45%水準の赤ちゃんの数)。これが現在の日本の深刻な「少子化」の実態です。

「夫婦で授かる子どもの数が変わらないのに、生まれてくる赤ちゃんが半数以下になるなんてありえないよ!」という方は、こんなイメージを持っていただくとよいと思います。

---------------
ある国が深刻な食糧不足となり、輸入にばかり頼らずに、なんとか自国の食糧自給率もあげたいと考えています。
そこで、1つの畑の同じ面積から取れる小麦の量がもっと増える方法がないか、技術談議に花が咲きます。種まきの時期、肥料の改善、育て方、農家の農業機器購入の給付金などなど……
ところが、小麦の収穫量は、やはり毎年激減する一方です。ふと考えてみたら、全国で農家が激減し、畑そのものがどんどん消滅していたのでした……
---------------
次ページ初婚同士の結婚が減少すると…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT