バンコクへ片道9900円!空の旅に大激震

エアアジアXが仕掛ける価格破壊

東京―バンコク線は、JAL、ANAだけでなく、タイ国際航空、米デルタ航空なども就航している(バンコクのスワンナプーム空港を利用)。運賃相場は往復で6万~21万円。つまり、エアアジアXを利用すれば、従来の半額程度以下の運賃で、日本とタイを行き来できるようになるわけだ。

エアアジアXは2010年12月にグループ本拠地のクアラルンプール(マレーシア)と羽田空港を結ぶ路線を就航(深夜発着)。2011年に関空、今年3月には中部国際空港へも就航してきた。その運賃の安さを武器に利用者から高い支持を得ており、2014年上期(1~6月)の平均搭乗率は89%という驚異的な数字を誇る。

同社が使う機材はエアバスの中型機「A330」で、ビジネスクラスは12席。「プレミアム・フラットベット」と呼ばれる仕様で、フル・リクライニングが可能なシートだ。エコノミーは365席で、1機の総座席数は377となる。

年間18万人の訪日客増加も

画像を拡大
赤と白でカラーリングされたエアアジアXの機体(撮影:尾形文繁)

昨年はマレーシアと同様に、タイからの観光客がノービザで日本に入国できるようになり、タイの富裕層や中間層の訪日旅行客は増加の一途をたどる。タイ国内にはデモのリスクもあるものの、日本人旅行者のリピート率も高い。

ビジネス面では約7000の日本企業が進出。たとえば、タイの自動車生産はトヨタ自動車や日産自動車、ホンダ、いすゞ自動車などの日本メーカーの現地生産が大半を占め、キヤノンやニコンなどの精密大手なども生産拠点を構えている。

今春、日本では羽田空港の国際線大幅増便に伴って、従来は深夜早朝発着(22~翌7時)のみだったタイ・バンコク線に、昼間発着便(7~22時)が加わった。今後はさらにビジネス、観光などで日本とタイを往来する渡航者が拡大すると見込まれていたところだ。

ここにエアアジアXが就航することで、日本―タイの輸送能力は約23万人分増える。これで搭乗率8割が確保できれば、年間18万人近い渡航者をタイから日本に運ぶ計算となる。訪日タイ観光客が増えると、日本の観光ビジネスにも恩恵が波及していきそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT