「矛盾だらけ」の頭の固い人を変える交渉テク

力ずくで押してもかえってガードが固まるだけ

力ずくで押すのはNG(写真:master1305/PIXTA)
頭の固い上司、なかなか首を縦に振らないクライアント……。人の考えを変えるのはとても難しいことだ。しかし、プロの人質交渉人は、その交渉術によって凶悪犯の心ですらも動かす。そんな人質交渉人のテクニックや人間の心理などについて科学的に研究してきた大学教授、ジョーナ・バーガー氏によると、人の心を変えるには、「力ずくで押すのではなく、変化を妨げる障壁を取り除き、ハードルを下げる」ことが大切だという。
ビジネスにもプライベートにも応用できる“人の心を変える方法”について聞いた。
※本稿は『THE CATALYST 一瞬で人の心が変わる伝え方の技術』より一部抜粋・編集したものです

わずか5000ドルの予算で大成功したキャンペーン

メニューを提供する、命令ではなく質問をするというテクニックには、相手をコントロールするという印象を取り除く効果がある。しかし、相手が自分で納得するように持っていく方法はほかにもある。それは「ギャップを明確にする」というテクニックだ。

ある人物の思考と行動の間に矛盾があることや、自分が他人にすすめることと、自分が実際にやっていることが違うと指摘する、という方法をとる。

「火を貸してもらえませんか?」

これはたばこを吸う人なら、少なくとも一度は言われたことのあるセリフだろう。喫煙者同士の連帯の言葉でもある。エレベーターのドアを開けておいてくれるように頼むのと同じようなものだ。たいていの喫煙者は、こう言われれば喜んで応じる。

次ページしかし「ある人」が頼むと逆の結果に
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT