「ウルトラQ」に2021年の中高年がハマる理由

大人が月曜夜に愉しむ「昭和ダークネス」の魅力

今後も「昭和ダークネス」が生み出した、さまざまな怪獣が出てくるようだ。例えば、ペギラ(第14話「東京氷河期」に登場)という怪獣は「原子力発電所が爆発し、その影響で南極の気温が上昇したため、北極に移動する途中、日本に出現した」という、昭和に発端のある原発問題と地球温暖化を予見したような存在。

また、有名なカネゴンも「拝金主義の人間がなるといわれている"守銭奴の権化"」「小銭を栄養源としており、左胸のレジスターに表示された金額が0になると命を落とす」と、よく読めば、一時期の「エコノミック・アニマル」を地で行くキャラクターである。

さらにケムール人は「2020年という未来の時間を有する惑星の宇宙人。医学の驚異的な発達により500歳もの寿命を得たが、自身らの肉体が老化したため、代わりに(註:1966年当時の)人類の肉体を狙った」と、まるで「人生100年時代」と盛り上がる、2021年のわれわれの生き写しのような怪獣だ。

現代は『ウルトラQ』の世界?

私にとって「昭和ダークネス」の切り口が興味深いのは、1つには、先の光化学スモッグのようなダークな記憶を呼び起こすからであり、そしてもう1つは、それら「昭和ダークネス」の多くは、「令和ダークネス」として現在にも続く問題への警鐘となるからである。

『ウルトラ特撮PERFECT MOOK vol.06 ウルトラQ』の中で、評論家の切通理作は「『ウルトラQ』は当初、『UNBALANCE』という番組タイトルだった。この世界のバランスが崩れた時、何かが起こる……。それを、特撮技術を駆使して視覚化して見せたのだった」と語っている。

「この世界のバランスが崩れた時」――それは、新型コロナウイルスに覆われた、今まさにこの世界である。私たちは今、『ウルトラQ』の世界を生きているのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT