携帯電話の画像進化を支える東大発ベンチャーの技術力

携帯電話の画像進化を支える東大発ベンチャーの技術力

今やカメラ付きが当たり前になった携帯電話端末。最近では手ぶれ防止やパノラマ写真作成など、高度な機能が標準搭載されている。こうした画像処理ソフトを開発し急成長しているのが、東京大学エッジキャピタルが出資するベンチャー企業のモルフォだ。

2004年5月に設立された同社は、手ぶれ補正技術「Photo Solid」や画像加工を行う「Effect Library」(右写真)など、多くのソフト製品を生み出してきた。06年の搭載開始以来、10年1月末時点で国内161、海外42の携帯電話に採用され、累計ライセンス数は1億5000万件を突破。「今年はさらに1億件の増加が目標」と平賀督基社長は話す。

02年、東大院で博士号を取得した平賀社長は特許重視の戦略を採っており、約70名の社員も技術者が中心。3月下旬に「Photo Solid」で3つ目の特許を取得し、現在、申請中の特許も数多い。09年10月期は売り上げ約10億円に達し、初めて最終黒字化。上場への準備も本格化し始めたという。

携帯に加え、デジカメやテレビ向けのライセンス供与の準備も進めている。「目標は地球上の全員に当社の技術を使ってもらうこと。そして最先端映画に使われる画像処理技術を生み出し、アカデミー賞技術部門を受賞すること」(平賀社長)と夢は大きい。

(山田俊浩 =週刊東洋経済2010年5月1日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT