日本のスポーツが「苦行」をベースに発展した訳

ドイツと日本で考える文化としてのスポーツ

高松:ここで会長としても関わっていらっしゃるサッカークラブ「AS.ラランジャ京都」の話を聞かせてください。どんなクラブですか?

上田:先ほど「フットボール」の概念についてお話しましたが、サッカークラブAS.ラランジャ京都は競技から社交にいたるまで「スポーツのコミュニティ」とすべきだと考えています。だからラランジャの目的は「同志」が近いですね。

高松:なるほど。

上田:「文化」というところで考えると、ボールあそびをするもよし。そして、なぜボールが転がるのかなんて考えるのもよし。自分はボールを蹴るのは嫌だけど、横で見ていて、ああだ、こうだと言うのが好き。そういういろんな関わり方で集まる人たちをひっくるめて全部、仲間じゃないか。そういう「同志」ですね。

高松:ラランジャはクラブハウスやグラウンドなどの「場所」は持っていない。また親御さんなんかは「習い事」の感覚でこどもをクラブに入会させると聞きます。

上田:はい。京都のどこに根があるの?と聞かれることが多々ありますね(笑)。それでも結果的に長いあいだメンバーになっているこどもたち、そして親御さんや選手たちが多いんです。

高松:なるほど、「コミュニティ」になっていますね。しかも、幼児から社会人まで幅広い年齢がメンバーです。その中でプレーヤーとしてのレベルもさまざまあると思いますが、いかがですか?

上田:上のレベルに行けば行くほど競技志向が強いですね。そこから、海外でもJリーグでもどんどん巣立てばいい。そして、ラランジャはいつでも戻ってこられる空間になってすでに30年を超えていますね。そういう点でも「コミュニティ」となっているのではないでしょうか。

「ジェントルマン」はクラブが生み出す

高松:元ラグビー日本代表監督で早稲田大の教授でもあった大西鐵之祐さん(1916~1995年)が著書で書かれているんですが、スポーツの有名選手だからジェントルマンというわけではなく、その選手がジェントルマンのクラブに長年いるからそうなった。あるいは、そういうクラブのメンバーとして生活しているうちに公平、正直、寛容などを体得していくと。

上田:そうですね。たまたまラランジャのメンバーになったこどもたちが自然にフットボールというコミュニティで時間を過ごし、経験や思考できる空間にしていこうよと、つねに理事・スタッフと目的を共有しています。

高松:いいですね。特別な取り組みなどはされているのでしょうか?

上田:例えば「ルールとは何なのか」。これを考えるために「なぜ近代スポーツのルールができたのか」、こんなことを言ってもこどもたちはわからないですよね(笑)。

高松:それでは大学の講義です(笑)。

上田:例えば農家のお手伝いなどに積極的に行きます。農作物を成育するなかで自然の摂理、つまりルールや生命を考える空間をつくります。

高松:なるほど。

上田:ここからスポーツを行う際に相手も生命を持った「人間」ということに気づいてもらい、ルールを無視して相手をやっつけてもいいのだろうか?勝つためにはなんでもしていいのだろうか?という問いかけを行っています。「ルールを守れ」、「相手を傷つけちゃ駄目だ」と直接言うのではなく、こどもがじわりと感じ取るような方法をとっています。

高松:すばらしい価値教育ですね。

次ページアイデアを出し合うこどもたち
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT