映画「ゾッキ」に見る地方ロケと連携の新しい形

愛知県蒲郡市が官民一体で作品をバックアップ

大橋裕之の同名マンガを原作にした映画『ゾッキ』。この作品は齊藤工(写真左)、竹中直人(同中央)、山田孝之(同右)の3人が共同監督を務める ©️ 2020「ゾッキ」製作委員会

竹中直人、山田孝之、齊藤工(監督名義)ら著名な俳優陣が共同監督を務める映画『ゾッキ』が全国の映画館で上映されている。同作の撮影は原作者の生まれ故郷である愛知県蒲郡市で実施。行政、企業、民間が官民一体となって映画作りをバックアップした。これまでも地域と密着した映画製作プロジェクトは数多くあったが、その中でも『ゾッキ』の取り組みは非常にユニークだ。

もともとは漫画家・大橋裕之の原作にほれ込んだ竹中が実写映画化を熱望したことから企画がスタートする。そしてクリエーターとしても頭角を現す山田孝之や齊藤工らを竹中自身が声をかけ、映画製作がはじまった。

当初、ロケ地としては関東近郊で行う案もあったというが、原作者の生まれ故郷であり、原作が生まれた「聖地」となる愛知県蒲郡市で撮影することが最適ではないかということになり、蒲郡での撮影が決定した。

原作者の生まれ故郷

本作品のプロデューサーでもあるand picturesの伊藤主税CEOは、ファンキー加藤主演の2016年の映画『サブイボマスク』(ロケ地:大分県の中津市、杵築市)、そして、山田孝之とともにプロデュースした2019年の映画『デイアンドナイト』(ロケ地:秋田県の鹿角市、三種町、秋田市)などで地域密着体制での映画製作を行ってきた。そして、今回の『ゾッキ』を「今までのわれわれの活動の集大成」と位置づけている。

もともと蒲郡市では『ゾッキ』とは関係なく、8年前から街の印刷屋、パン屋、居酒屋の店主など街の有志が立ち上がり、街をPRするべく映画の誘致活動が行われていた、という下地もあった。そのため、蒲郡での『ゾッキ』の撮影が決定したときも、市民の喜びはひとしおだったという。

次ページ官民一体でないとダメだ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT