斎藤工が「芸人・永野」に尊敬の念を抱く理由

他の人ができないことをやるのが永野の魅力

最近、一緒にいろいろな仕事をしている俳優の斎藤工さんと芸人の永野さんの対談が実現。斎藤工と永野は「似ている」?(撮影:大澤誠)
今をときめく俳優の斎藤工さんと、「ラッセンがすっき~!」と青シャツ、赤パン姿で叫ぶ芸風で知られる芸人の永野さんの対談が実現。11月29日に公開される映画『MANRIKI』では、斎藤さんが企画・主演・プロデュース、永野さんが原作・脚本を担当した。実は永野さんが売れる前から、注目していたという斎藤さん。2人の出会いから、斎藤さんが永野さんに憧れる理由まで縦横無尽に語ってもらった。

――今回の映画も含めて、最近のお二人は一緒にいろいろな仕事をされているイメージがありますが、斎藤さんが最初に永野さんを知ったときのことを教えていただけますか。

斎藤工(以下、斎藤):僕がMCを務めさせていただいていた『日10☆演芸パレード』(TBS系)というネタ番組で、永野さんが「天才チンパンジーまもるくん」というネタをされていたのを見たのが最初です。それが衝撃的だったんですけど、僕だけじゃなくて、その空間というかスタジオ全体が「死体を見た!」みたいな雰囲気になって(笑)。明らかにほかの芸人さんとは違う感じでした。「見てはいけないものを見た」みたいな感じがして、それからはもう虜です。

――その後、ロフトプラスワンで開催された永野さんの単独ライブにも行かれたそうですね。

斎藤:はい、そのときは2つ目ぐらいのネタでもう永野さんの肛門が見えていたという……。

永野:工くんの角度からちょうど見えたんですよね。「箱根駅伝でゴールした瞬間に白バイ警官に襲われる大学生」っていうネタをやっていて。客席に向かってお尻を広げたときに、工くんとちょうど目が合ったんです。僕の「第3の目」と。

斎藤:そうです。あれが2本目くらいだったので、このあとどんなネタが来るんだろう、と思って。楽屋へのあいさつも行きたくなかったんです、あまりにもすごいものを見ちゃったから。

永野:えー、嬉しいですね。ありがとうございます。

なぜ斎藤工は永野を起用したのか

――斎藤さんがご自身の監督する映画で永野さんを起用したのはその後ですか?

永野:あ、でもね、それは単独ライブの前なんですよ。工くんが監督する『バランサー』という映画で「ラスボス的な位置で出てほしい」って言われて。当時、僕は全然売れてなかったんですけどね。ネタをやるシーンで何回もリハがあったので、いっぱいネタをやりました。

斎藤:永野さんは映っていなくて、客席のリアクションだけを映しているシーンだったのに、全部ネタを変えてくださって。それでさらにファンになってしまったんです。

永野:そのときに「ラッセン」のネタをやったら、それを採用してくれて。だから、僕、あのネタを一番最初にやったのは工くんの映画なんですよ。

次ページ斎藤工の第一印象
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。