同じ起業をするならば、「目線」を高く持とう

ラクスル・松本恭攝CEOと語る(下)

松本:だからこそ、グローバルで見たときのベストプラクティスをどこに持っていき、それを標準として自分の動き方をどう変えていくのか――をやらなければいけないと思っています。具体的には、海外の起業家や投資家といった高い目線を持った人とのディスカッションを増やし、コミュニケーションをすること。そしてその目線を身に付けたら、実際にやってみることです。トライしていくことは必要だと思っています。

私はCEOとしての役割は、目線を上げて、挑戦のテーマをより高いところにもっていくことだと思っています。目線を上げ続けることでいろいろなチャレンジができるようになる。だからこそ、今の自分の目線をいかに変えていくか――。変化を求めて、動き続けたいと思います。

伊佐山:海外の刺激を受けるのは、WiLのテーマのひとつでもあります。私たちは、日本国内のビジネスで「ああしろ、こうしろ」と言うのは、ナンセンスだと思っています。それよりも、世界中の本物の起業家やVCと交わってもらい、刺激を受けてほしい。海外の起業家は、みんな「自分でいかに勝つか」ということで競争している。その“厳しさ”を知るだけでも感じることがある。

それはスポーツの世界を見ても明らかだと思います。野球やサッカーを見ればわかりますが、国内で盛り上がれば世界に通用するわけではなく、世界に出ることで世界に通用する実力がつく。世界で活躍する日本人が増えれば、国内も盛り上がる。

これまで日本のベンチャーはリソースが限られていたこともあり、海外進出は簡単にできなかったという背景がありますが、ラクスルは海外にも展開できるビジネスモデルで、リソースアクセスがある。ぜひ、世界に出て、活躍してほしいですね。

 一見、無駄に見える経験――。その「無用の用」を知ることは大切だ。何かと効率やスピードを重要視する社会になったからこそ、逆説的ではあるが、「無用の用」、つまりは短期的には役に立たないように思える経験が、かえって大きな意義を持つのである。その意味で、その時々で興味を持ったことに首を突っ込む。行こうと思った場所に行ってみる。直感に従う行動力はいつまでも大事にしていくべきだ。
 『シリコンバレー流世界最先端の働き方』(伊佐山元、KADOKAWA中経出版)P100参照

 

(構成:山本智之、撮影:梅谷 秀司)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT