ゼネコン鹿島、DX化で狙う建設業界の地殻変動

3次元画像技術使い、情報共有とコスト削減に

鹿島は建築工事など、すべてのプロセスをデジタル化する(写真:鹿島提供)

「この工事は絶対にとりたい」

スーパーゼネコンの鹿島ではいま、営業本部からこのような報告が上がってくると、BIM推進室がフルサポートする態勢になっている。

デジタル化進め、大型受注も獲得

BIMとは「ビルディング・インフォメーション・モデリング」の略。建物の企画・設計段階から施工、完成後のイメージを3次元画像で映し出し、情報共有とコスト削減などにつなげることが可能になる技術だ。

鹿島は2017年からBIMをフル活用して情報をデジタル化し、設計・施工図を着工前までにまとめあげる手法を「仮想竣工」と名付け、本格的に展開している。2020年からはこの仮想竣工を発展させ、大型プロジェクトにおける入札支援に生かしている。

鹿島建築管理本部の矢嶋和美本部次長は「仮想竣工を活用したことで納期やコストなどが希望的なものではなくて、ズバリになっている(実際に工事が進捗した際の数字と大きな乖離がない)」と語る。

デジタル技術を利用して、直接工事にかかる費用を予測して算出する「積算」や「見積もり」、施工計画などの正確性を高め、その結果、狙った通りに大型受注を獲得できているという。

東洋経済プラスの連載「ゼネコン『デジタル革命』」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。
「にっかぽっかのオヤジ」が挑む建設テック革命
ゼネコン界でDX化がなかなか進まないわけ
ゼネコン鹿島、DXで狙う建設業界の「地殻変動」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT