若者が辞める会社が知らない休ませ方【動画】

必要なのは働き方ではなく「休み方改革」だ

現在、大学を卒業して入社3年以内に会社を辞める人の割合はだいたい3割強です。

20年前も2割強だったので、若者が早く辞めるのは古今東西の話なのですが、少し比率は上がっています。

若者がすぐ会社を辞めるのは社会が変わったから?

「最近の若者はすぐ会社を辞めるなぁ」

『人生の中心が仕事から自分に変わる! 休み方改革』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

という印象を持っている上の世代の人は少なくないかもしれません。

こうした状況についてリーマントラベラーで休み方研究家の東松寛文さんは、「変わってしまったのは若者たちではなく、社会だ」と指摘されています。

最近の若者はいったいどんなことを考えているのか。上の世代の上司や経営者はどう考え、何をすればいいのか。東松さんの著書『休み方改革』を読み解き、一部をご紹介。6分の動画にまとめました。ぜひご覧ください。

(再生の際には音量等にご注意ください)

最近の若者はいったい何に悩んでいるのか(写真:kou/PIXTA)
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT